『F to F』『@Star1』を発行するガム出版の総合サイト

ファニ、初めての映画出演で『スター』の主人公に抜擢

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

[ソウル新聞NTN チェ・ジョンジュ記者]歌手・俳優のファニ(HWANHEE)がスクリーンにデビューする。

ファニ(HWANHEE)

1日、所属事務所のエイチエンタコムは「ファニが最近、映画『スター』の主人公に抜擢された」と明かした。

映画『スター』(マルグム映画社制作)は最高の韓流歌手として注目を集める、アジアの星、ROMI(ロミ)役のファニを中心に繰り広げられる三角ロマンスと音楽が調和した作品。友情と愛、そして音楽への新しい発見を描く。

今回の作品でファニはアジアのスーパースターROMIを演じ、人気絶頂の天才韓流歌手としてすべての事件展開において中心的な役割を果たす。

所属事務所は「今回の映画は、これまで多数のドラマに出演し、演技力をつけてきたファニが出演する初めて映画なので、周囲から大きく期待されている」と伝えた。

ファニは歌手とタレントを並行しながらこれまで、ドラマ『オーバー・ザ・レインボー』『愛してる』『ポクプンエ ヨンイン(嵐の恋人)』に出演し、安定した演技を披露してきた。特に、昨年放送されたMBC TVドラマ『ポクプンエ ヨンイン』で、ファニはイム・ハラ役を演じ、お茶の間に愛された。

また、ファニはデビュー12年で初めてとなるソロ・フルアルバムのリード曲『チュグルコンマンガタ(死にそうだ)』でハントチャート1位になるなど、ボーカリストしてのプライドも守っている。

写真=エイチエンタコム
チェ・ジョンジュ記者 joojoo@seoulntn.com
2011-08-03 09:06
ソウル新聞NTN