『ラブレイン』チャン・グンソクとユナのさわやかな出会い公開「眼球浄化カップル」

[TVリポート イ・ウイン記者]ドラマ『ラブレイン(サランピ/愛の雨)』(オ・スヨン脚本、ユン・ソクホ演出)の二人の主人公、俳優チャン・グンソクと少女時代ユナの初めての出会いのシーンが公開された。

劇中でチャン・グンソクは、70年代、純愛に生きる温かい美大生ソ・イナ役と、2012年、ソ・イナの息子で、愛と仕事に生きる自由奔放なフォトグラファーのソ・ジュン役の二役を演じる。ユナは70年代、素朴で清楚なキャンパスの女神キム・ユンヒ役と、2012年、キム・ユンヒの娘であり愛らしく明るい少女ハナ役の二役を演じ、70年代と現代の愛を同時に描き出す予定だ。

『ラブレイン』の特徴であるときめきを感じさせる初めての出会いは、70年代のソ・イナとキム・ユンヒの姿。あちこちに絵具がついているエプロンをつけたチャン・グンソクと清純な印象が漂うユナの姿は、緑が萌える大学キャンパスと交わり、水彩画を連想させた。

特に、ユナに本を渡したあと彼女の姿から視線を離すことができないチャン・グンソクの表情は、二人の運命的な出会いを、好奇心をかきたてる印象的なものにしている。

『ラブレイン』のユン・ソクホ監督は「70年代の若者たちの愛にはロマンと純粋さ、ぬくもりがあった。このような70年代のアナログ的な愛の感性をうまく表現するために、俳優はもちろんスタッフも多くの努力を傾けている」として「チャン・グンソクとユナが持っている純粋で叙情的な感性を通じ、温かくて恥じらいのある愛の緊張感を美しく描いていく予定なので、関心を持って見守ってほしい」と伝えた。

ロマンと純粋があった1970年代のアナログな愛と、急速に変わっていく2012年のデジタル世代のトレンディーな愛を同時に描き出す『ラブレイン』は、来年上半期の放映を目標にしている。

写真=YOON’S COLOR
イ・ウイン記者 jarrje@tvreport.co.kr
2011-12-19 08:55
TVリポート