『君を覚えている』特別出演の俳優3人、ドラマの没頭に期待

『君を覚えている』に俳優のチョン・グァンリョル、テ・インホ、EXO D.O.が特別出演する予定だ。

KBS2新月火ドラマ『君を覚えている』(クォン・ギヨン脚本、ノ・サンフン演出、CJ E&M制作)は天才プロファイラーのイ・ヒョン(ソ・イングク)と彼を観察してきたエリート捜査官チャ・ジアン(チャン・ナラ)が事件を解決しながら広げられるストーリーを描いたドラマだ。

チョン・グォンリョル、D.O.、テ・インホは過去と現在、イ・ヒョンと絡まる人物で登場し、緊張感を与える予定だ。3人とも多様な作品で圧倒的な演技力を見せてきて、今回の特別出演に関心が集まっている。

チョン・グァンリョルは元警察の犯罪心理学者でイ・ヒョン(ソ・イングク)の父のイ・ジュンミンを演じる。韓国初のプロファイラーで、幼い時から天才性を見せた息子のためにホーム・スクーリングをさせて、息子の観察録を作成する。今までの作品で多様なキャラクターを完璧に演じてきたチョン・グァンリョル。今回の作品で息子を普通の人間に育てたい気持ちと、世の中の危険から息子を守るために奮闘するなど、繊細な感情変化を演じる予定だ。

イ・ジュンミンがプロファイリングしている危険な人物イ・ジュニョンを演じるのはD.O.。偶然、父親に付いてきたイ・ヒョンとの会話で彼の天才性を見破る。以後、イ・ヒョンの人生に大きな影響を与える、ミステリアスで危険な人物となる。去年、ドラマ『大丈夫、愛だ』で他の人の目には見えない主人公の分列された自我を演じ、俳優として認められたD.O.は善と悪が共存するキャラクターでドラマに緊張感を与える予定だ。

ドラマ『未生(ミセン)』で憎たらしいキャラクターを演じたテ・インホは財閥のヤン・スンフンを演じる。イ・ヒョンとチャ・ジアンが協力捜査を始めるようにした人物で、富と権力で法律を利用してイ・ヒョンの機嫌を損ね、捜査の対象となる。

特別出演の3人でラインアップを固めた『君を覚えている』は犯罪が解決されることで感じられるカタルシスや、甘いロマンスを描く予定だ。『ボスを守れ』『私の恋愛のすべて』を執筆したクォン・ギヨン作家と『オフィスの女王』を演出したノ・サンフン監督の作品。『Who are you – 学校2015』の後続で6月22日(月)に初放送予定だ。

TVレポート=イ・ウイン記者
写真=チョン・グァンリョル、EXO D.O.、テ・インホ