カン・ドンウォン&コ・ス、主演映画『超能力者』が日本でリメイク

[TVリポート チャン・ミンソク記者]ZE:Aのシワンが、囚人服を着て撮った写真を公開した。

27日、ZE:Aの公式Twitterには、「暑くても、シワンの映画撮影は阻むことができない!今日も一生懸命な『弁護人』撮影現場のシワンを初公開します。今年公開予定の『弁護人』での俳優シワンにも期待してください」とのメッセージと共に写真を掲載した。

公開された写真の中、シワンはファンから届いたプレゼントと『弁護人』というタイトルが書かれたタオルをもって笑顔を見せている。特に無造作なヘアスタイルと青い囚人服が、見る者の興味を掻き立てた。

写真を見たネットユーザーは、「『弁護人』期待してます」「シワンは囚人服もよく似合う」「何を着てもカッコいい」などの反応を示した。

一方『弁護人』は、1980年代の人権弁護士の物語を描いた映画で、ウェブ漫画『スティルレイン』で有名な作家、ヤン・ウソクが自らシナリオを書いてメガホンをとり、制作段階から参加したことで多くの関心を集めている作品。骨太なシナリオとソン・ガンホ、クァク・ドウォンというキャスティングで映画関係者の注目を集中させている。

写真=ZE:A公式ツイッター
チャン・ミンソクニュースチーム newsteam@tvreport.co.kr
[元記事配信日時] 2013-06-28 07:29
TVリポート