チョン・イル『太陽を抱いた月』出演確定…ハン・ガイン、キム・スヒョンと三角関係

[TVリポート チョン・ソンハ記者]俳優チョン・イルがドラマ『太陽を抱いた月』出演を確定した。

チョン・イルは2012年1月4日に初回が放送されるMBC TV水木ドラマ『太陽を抱いた月』(チン・スワン脚本、キム・ドフン演出)で王位継承序列順位1位の王子、ヤンミョン役で出演する。

『太陽を抱いた月』は記憶を失って巫女になった皇太子妃と若い王の愛を描いたロマンス歴史ドラマだ。チョン・イルが演じるヤンミョンは、表面的には悠々自適で、虚々実々な面があるが、内面的には自由を得るために血の涙を流して努力する人物。

ヤンミョンはまた、劇中で巫女ウォル(ハン・ガイン)を間に置き、王であり異母兄弟のイフォン(キム・スヒョン)と対立する三角関係を繰り広げる。

チョン・イルは「ドラマ『イケメンラーメン店』が終わって、あまりたっていないので、新しい作品を準備するのがちょっと負担に感じる面もありました。でも、作品とキャラクターが本当によかったですし、魅力を感じて悩んだ末に出演を決心しました。『イケメンラーメン店』で応援してくれた方に、『太陽を抱いた月』で熱心に演技することで恩返ししたいです。楽しみにしていてください」と語った。

写真=fantagio
チョン・ソンハ記者 sunha@tvreport.co.kr
2011-12-26 09:30
TVリポート