今日(4日)初回放送、MBC歴史ドラマ『太陽を抱いた月』

[TVリポート チャン・ヨンジュン記者]名品歴史ドラマを見たがっている人にうれしい知らせがひとつ伝わってきた。朝鮮の仮想の王の統治時代の宮中ロマンスを描いたMBC新水木ドラマ『太陽を抱いた月』(チン・スワン脚本、キム・ドフン、イ・ソンジュン演出)の初回が4日に放送される。

『太陽を抱いた月』

『太陽を抱いた月』は小説『成均館 儒者らの毎日』(※『トキメキ☆成均館スキャンダル』原作)を執筆した作家チョン・ウングォルの同名小説を原作にしたドラマで、放映前から熱い関心を呼び集めた。初回放送を控え、『太陽を抱いた月』をさらに楽しむためのポイントを探ってみた。

◆『太陽を抱いた月』=ロマンス+ミステリー+スリラー+ファンタジーのフュージョン歴史劇

『太陽を抱いた月』は初恋のヨヌ(ハン・ガイン)を忘れることができない王イ・フォン(キム・スヒョン)と、幼い頃の記憶をなくしたというヨヌとそっくりの巫女ウォル(ハン・ガイン)のせつない愛を描いたドラマだ。『太陽を抱いた月』ではロマンスも、ミステリーも、スリラーも、ファンタジーも、すべてを見ることができる。

ドラマ序盤、皇太子フォンの初恋をスタートに『太陽を抱いた月』の中の複雑な恋物語が始まる。 ヨヌとフォンのフレッシュな初めての出会い、そんなフォンに一目惚れしたポギョン(キム・ミンで)、ヨヌの兄ヨムを愛するミンファ王女(ナム・ポラ)など、彼らの愛はドラマ全体を結ぶストーリーの核心となる。

甘いロマンスが視聴者の耳目を楽しませるとしたら、「皇太子妃殺害事件」というミステリーはドラマへの没入度を高める。皇太子妃ホ氏(ホ・ヨヌ)は皇太子妃に選ばれた直後、宮中で病を得て追い出されるように宮中を出た。そして弘文館の大提学(※弘文館は朝鮮時代の官庁、大提学はその最高位)である父ホ・ヨンジェ(ソヌ・ジェソク)の胸の中で静かに息をひきとる。そんなヨヌが8年後にフォンの前に現れた。だがヨヌは自身を巫女月(ウォル)と称する。フォンはヨヌの死に疑問を抱き始め、「皇太子妃殺害事件」の実体が明らかになる過程が、興味を引きつつ繰り広げられる。

巫女となり、記憶すらないウォルは隠月閣に入り、おかしな雰囲気を感じることになる。ヨヌが記憶を取り戻す過程、そしてその記憶を取り戻した時がまさにドラマのターニングポイント。またフォンがそんなヨヌの過去に対する推理を始め、劇の緊張感がさらに増す。

厄受け巫女は他人の厄を代わりに受け取る、お札のような人間だ。巫女として登場するヨヌは『太陽を抱いた月』に現れるファンタジー的な要素の中心に、独特で新鮮な物語を提供する一方、神話的な雰囲気を演出して目を引く。

◆ 『太陽を抱いた月』の重要キャラクター

イ・フォン(キム・スヒョン):ハンサムで賢いが我が強い。皇太子時代には誰も止められない悪童だったが、ヨムを通じて国王の道理を習い、ヨヌを通じて宮中の向こう側の世と初恋のときめきを学んだ。フォンは密かに宮中を抜け出し、偶然にヨヌと似た巫女ウォルに出会い、8年前の皇太子妃ヨヌの死に疑問を抱き、事件の追跡を始める。

ウォル、ホ・ヨヌ(ハン・ガイン):弘文館大提学の娘でありヨムの妹、そしてフォンの初恋の相手だ。ヨヌは皇太子妃に選ばれるが、国婚を控えて原因不明の病を得て、宮中から追い出されて静かに息をひきとる。8年後に巫女ウォルとして現れたヨヌは、厄受け巫女になって宮廷に入り、フォンと再会することになる。

ヤンミョングン(チョン・イル):フォンより2歳年上の腹違いの兄で、王位継承序列1位の王子。表面は穏やかだが、内面をうかがうことができない。フォンと同じ女性を愛する痛ましい運命を持ち、男と男として、運命のようにまた正面対決する。

ユン・ボギョン(キム・ミンソ):王妃でありフォンの正妃だ。表面は優しいが、善良な微笑の裏には野心が隠されている。偶然、宮廷見物に行ってフォンに一目惚れして、ヨヌに嫉妬心を持つ。自身の地位を守るために手段も方法も選ばない人物だ。

ソル(ユン・スンア):過去、ホ氏一族の奴婢だったがヨヌを護衛する少女剣客になり、ヨムの守護天使でもある。

ミンファ王女(ナム・ポラ):フォンとヤンミョンの妹であり、ヨムの幼い新婦だ。ハチャメチャな性格を持って生まれた王女だ。婚姻後にも自身を女ではなく妹と考えるヨムのために寂しさを感じている。天真爛漫な顔をしているだけに、彼女の意外性の衝撃は大きい。

ホ・ヨム(ソン・ジェヒ):ヨヌの兄でありフォンの師匠、そしてミンファ王女の夫。優れた学識を持ち、ミンファ王女と結婚して王の婿となる。一生涯保身を図り、生きていくことが自身に与えられた宿命だと考える。

ウン(ソン・ジェリム):王であるフォンを最側近で護衛する朝鮮最高の剣士。巫女ウォルを初めて見た瞬間、氷のように冷たかった彼の心臓に血が通い始め、ウォルがヨヌということを最初に気がつくが、恋心のために葛藤し傷つく。

写真=『太陽を抱いた月』ホームページ、ポスター
チャン・ヨンジュン記者 jjuny54@tvreport.co.kr
2012-01-04 07:18
TVリポート