B1A4バロ、「キム・ユジョンは妹のような存在。ドラマで仲良くなった」

B1A4バロがキム・ユジョンとの熱愛について話した。

10日放送されたMBC『セクションTV芸能通信』は、最近放送が終わった『アングリーママ』の打ち上げの現場訪問だった。

この日バロは「本当に妹のような存在です。今回のドラマで仲良くなりました」と熱愛について話した。

キム・ユジョンとバロは今月1日、水原(スウォン)ワールドカップ競技場で行われた「2015水原JSカップU-18国際青少年サッカー大会」の韓国とベルギーの試合を観覧、客席に座り仲良く話をしている姿が撮られて話題になった。

だが、この日はキム・ユジョン以外にソ・シネも一緒で、普段からサッカーが好きな彼らが休みの日に一緒にサッカーを見に行ったと両者の所属事務所は話した。

『アングリーママ』は今月7日に終映した。後続でユ・ヨンソク、カン・ソラが出演するラブコメ『メントロントトッ』が放送される予定だ。

TVレポート=ホン・イソク記者
写真=セクションTV芸能通信