Tag Archives: キム・ジェジュン

【フォト】JYJキム・ジェジュン、新しい部屋のインテリアを公開

[TVリポート パク・チニョン記者]JYJキム・ジェジュンが韓国版『marie claire』のライフスタイルマガジン『Maison』で自宅の写真を公開した。自宅で読書(手にしている本は『るつぼ』)している写真、料理をしている写真、音楽活動をしている写真などが掲載されている。

ム・ジェジュンは引越しと同時に新しいインテリアを整えて、余暇活動を楽しみ、音楽作業をする極めて私的な空間の家を、ライフスタイルマガジンを通じて公開した。

キム・ジェジュンの部屋は、男性らしさが際立つ無彩色を基調としながらも、ところどこにポイントとなるカラーが散りばめられている。センスあるインテリアで飾られたこの空間について、ジェジュン自身がインタビューで紹介している。

「ニューヨークのロフトハウス」、「それぞれ異なるテーマで成り立ち、まるで旅先のような家」など、彼が描いたコンセプトをもとに作られた家の中は、部屋ごとにそれぞれ違う雰囲気のマニッシュなスタイルでデザインされている。

1か月あまりかかったキム・ジェジュンのホームドレッシング作業に参加した担当エディターは、「殺人的なスケジュールを消化しつつも、引越しと新しいインテリアの導入を併行して、自分が望む空間を作り出そうと、インテリアに対する情熱と愛着を見せた」と伝えた。

また共同作業をしたデザイナーは「キム・ジェジュンはデザイナーの話に耳を傾けてくれる、話がちゃんと通じる家主」としながら「彼が持っているインテリアに対するアイディアと感覚も優れていて、作業するのが楽しかった」という話も付け加えた。

インタビューの中でキム・ジェジュンは「『バンコク生活(※部屋でじっとしている)』がもっと増えそうです」といたずらっぽく言って、自身の新しい空間に対する強い満足感を表現した。

写真=メゾン
パク・チニョン記者 neat24@tvreport.co.kr
2011-10-31 11:16
TVリポート

『ボスを守れ』キム・ジェジュン、ワン・ジヘに「一緒にいてくれるか?」ロマンチックプロポーズ

[TVリポート ナム・スンウォン記者]キム・ジェジュン(チャ・ムウォン役)がワン・ジヘ(ソ・ナユン役)にプロポーズした。

29日に放送されたSBS TV水木ドラマ『ボスを守れ』(クォン・キヨン脚本、ソン・ジョンヒョン演出)最終回では互いの心を確認し、本格的な交際を始めたチャ・ムウォンとソ・ナユンの姿が描かれた。

この日ムウォンはナユンの家を訪問して、見せたことのない料理の腕前を披露し、二人はロマンチックな夕食を楽しんで時を過ごした。

食事を終えたムウォンは「話したいことがある」と言って、「汚れのない経営者になってみようと思う」と伝えた。

ムウォンは「今までの両親とは違った道を歩こうと思う。だから苦労するかもしれない」と語り、「それでも一緒にいてくれるか?」とプロポーズした。

また彼が「忙しいからすぐに結婚はできない」と付け加えると、ナユンは「結婚してから忙しくすればいいのに」とムウォンに愛嬌混じりの不平を言った。

写真=SBS TV『ボスを守れ』スクリーンショット
ナム・スンウォン記者 qqq7740@tvreport.co.kr
2011-09-29 22:57
TVリポート

キム・ジェジュン、エスボードのテクニックもハイレベル…『ボスを守れ』の活力に

[TVリポート パク・チニョン記者]『ボスを守れ』のキム・ジェジュンがエスボードを華麗に乗りこなす姿を公開し、周囲を驚かせた。

キム・ジェジュンは最近SBS TV水木ドラマ『ボスを守れ』(クォン・キヨン脚本、ソン・ジョンヒョン演出)の撮影の合間、城南(ソンナム)市庁の駐車場でエスボードを取り出し、きらびやかに乗る様子を見せ始めた。

膝をわずかに曲げた彼はすぐ上半身を上げて、前に置いた右足で方向を調節し、動き始めた。前足の膝を揺さぶりながら進む姿が専門家レベルなのに加え、カメラの前でも余裕ありげにポーズを取り、その場に集まっていた制作スタッフだけでなく、撮影現場にいた城南市庁関係者もまたびっくりさせた。

制作スタッフがいつボードを習ったかと尋ねると彼は「米国にいる時、時間があればボードを楽しみました」と、ボードの操作法を知りたがる制作スタッフに「転ぶと膝をケガすることがあるから気をつけて乗ってください」とすぐにボードの操作法を話した。

彼のエスボードのテクニックを鑑賞した制作スタッフは「休み時間に本当にいいものを見た」として「さすがジェジュン氏は歌、演技、そしてエスボードに乗るのも本部長級」として大きい拍手を送り、キム・ジェジュンもまた、そんな彼らに笑いを見せてまた撮影に突入した。

キム・ジェジュンは『ボスを守れ』で本部長チャ・ムウォン役を演じていて、自身の叔父にあたるDNグループのチャ会長(パク・ヨンギュ)と経営権継承に関する問題で対立しているところ、ノ・ウンソル(チェ・ガンヒ)に愛の告白をして注目を集めている。

写真=SBS
パク・チニョン記者 neat24@tvreport.co.kr
2011-09-07 11:06
TVリポート

チャン・グンソク、『ボスを守れ』にチキンの贈り物…チソンとの親密さ見せる

[TVリポート クォン・ヒョクキ記者]チャン・グンソクがSBS TV『ボスを守れ』にチキン40羽あまりをプレゼントして主人公チソンとの親密な関係を見せた。

チャン・グンソクは30日夜11時30分頃、イルサン制作センターで行われた『ボスを守れ』撮影現場に予告なしで現れ、制作スタッフをびっくりさせた。後でわかったことは、普段から実の兄のように慕うチソンを応援するために、チャン・グンソクが自らチキン約40羽を差し入れに撮影現場を訪問したものだった。

この日チャン・グンソクは2009年に出演したドラマ『美男<イケメン>ですね』当時のスタッフを発見し、うれしそうに挨拶を交わすかと思えば、久しぶりに会ったというキム・ジェジュンに「兄さん、お元気でしたか? ドラマよく見ています」と挨拶をした。これにキム・ジェジュンは「元気だった? 久しぶりだね」と返事をした。

応援に来てくれたチャン・グンソクと写真を撮ったチソンは8月31日の午前1時頃、自身のme2dayに「今日…何日も徹夜をして苦労している僕たちのスタッフのために、グンソクがチキンを持って来てくれました。グンソクありがとう。けっこうお金かかっただろうね…」という文とともに写真をアップした。

この写真に接したインターネットユーザーは「チソンお兄さん、グンソクお兄さん、ふたりは実の兄弟みたいに似てますね」「今日いよいよ『ボス』の日だ。本放送、絶対見るぞ。チキン食べてファイト」「ふたりともハンサムですが、性格まで良いです。類は友を呼ぶ、ですね」などの反応を見せた。

現在、チャン・グンソクは映画『きみはペット』の撮影を終わらせ、広告撮影などで忙しい毎日を送っている。

写真=チソンのme2day
クォン・ヒョクキ記者 khk0204@tvreport.co.kr
2011-08-31 13:52
TVリポート

『ボスを守れ』のチェ・ガンヒ、チソン&キム・ジェジュンの両方を誘惑?『チャク』のよう

[TVリポート パク・チニョン記者]ドラマ『ボスを守れ』では、ノ・ウンソルがモテ始め、バラエティ番組『チャク』(男女のグループが村で生活し、ペアを作っていくリアリティ番組)のような展開になる可能性が高くなってきた。

24日に放送されたSBS TV水木ドラマ『ボスを守れ』(クォン・ギヨン脚本、ソン・ジョンヒョン演出)7回でDNグループの本部長であるチャ・ジホン(チソン)とチャ・ムウォン(キム・ジェジュン)がノ・ウンソル(チェ・ガンヒ)を間に、殴り殴られる乱闘劇を繰り広げた。

すでにチャ・ジホンはノ・ウンソルに『宇宙の石が大脳辺縁系(だいのうへんえんけい)に埋め込まれてしまった』と告白し、不意打ちでキスまでした。さらに、この日の放送では散策路で3分スピーチをしながら、再びウンソルに対する自分の気持ちを表現し、彼女に慰めてほしいと抱きついた。

そしてノ・ウンソルにとって「ム様」であるチャ・ムウォンもまた、自分が秘書として採用した彼女にいつのまにか惹かれ、ときどきデートを申し込むなど、ウンソルに想いを寄せている。

このように主人公の二人が一人の女性を好きになるストーリー展開は、SBS TVのリアルバラエティ番組『チャク』を連想させている。

恋人を求める男女のリアルバラエティとして高い人気を得ている『チャク』のある女性出演者は、おおっぴらに「男の人たちを誘惑してみせる」と豪語し、世間の注目を集めたことがあった。最近行われた『ボスを守れ』の撮影で、チャン・ガンヒは台本を読みながら、「こうなったからには、チャ・ジホンとチャン・ムウォンの二人とも落としてみようかな?」と話し、笑っていた。

これについて制作スタッフは「これまでジホンとムウォンは会社の経営権の承継のために競争してきたが、今はウンソルを巡り、より熾烈な競争をしている」とし、「そのため、ウンソルが二人の間で果たしてどんな決定を下すのか、本当に『チャク』のようになるのか、今後の展開をお楽しみに」と伝えた。

写真=SBS
パク・チニョン記者 neat24@tvreport.co.kr
2011-08-25 10:29
TVリポート

『ボスを守れ』キム・ジェジュン、ダンディーなウルフカットでシャープに変身

[TVリポート ソウンヒェ記者]JYJのキム・ジェジュンが、ヘアスタイルを変えて心機一転した姿を見せる。

24日に放送されるSBS TV『ボスを守れ』では、本部長チャ・ムウォン(キム・ジェジュン)がダンディーなウルフカットにヘアスタイルを変えて登場する。

チャ・ムウォンはソ・ナユン(ワン・ジヘ)に告白を断られた後、心境の変化を起こし、チャ・ジホン(チソン)との経営権をめぐる対立が本格化し、心を引き締めるために変化を与えている。

キム・ジェジュンは、「ヘアスタイルを変えたら、ドラマに対する印象が以前とはまた違って感じられた。よりシャープなチャ・ムウォンを表現するために、努力しなければならないという気がした」と感想を伝えた。

製作陣も「キム・ジェジュンは貴族的で自由奔放なスタイルを変えながら、“財界のプリンス”のイメージをより一層確立することになった。ダンディーなウルフカットも人気を集めてほしい」と話した。

『ボスを守れ』は、毎週水木曜日午後9時55分放送される。

写真=SBS
ソウンヒェ記者 eune@tvreport.co.kr
2011-08-23 14:19
TVリポート

『ボスを守れ』のキム・ジェジュン、演技に人一倍の情熱で制作スタッフから「本物の俳優」絶賛

[TVリポート パク・チニョン記者]『ボスを守れ』のキム・ジェジュンが自分の演技を細かくチェックし、本物の俳優としての一面をのぞかせた。

SBS TV水木ドラマ『ボスを守れ』(クォン・ギヨン脚本、ソン・ジョンホン演出)でキム・ジェジュンは本部長のチャ・ムウォン役を演じ、好評を得ている。

特に、最近坡州(パジュ)にあるコーヒーショップで行われた撮影で、キム・ジェジュンは自分の芝居を小型カメラで撮影し、細かくチェックしていた。

制作スタッフが理由を聞くと「こうやってモニターリングをすると、次のシーンに感情をつなげることにとても役立ちます」「そのため、撮影が終わってすぐ、何とかして自分の芝居をチェックするようになり、共演者の先輩にも聞くようになりました」と話し、微笑んだ。そしてすぐ、次のシーンの撮影のための台本読みに夢中になっていた。

制作スタッフは「ジェジュンさんが連続ドラマの演技をするのは今回の『ボスを守れ』が初めてですが、すべての面においていつもがんばっているし、謙虚さまで備えている」「そのため、ジェジュンさんは制作スタッフみんなに愛されているし、中堅俳優の方々がおっしゃるように、大物の俳優になるはず」と絶賛した。

また、キム・ジェジュンとチェ・ガンヒ、ワン・ジヘの撮影が行われたコーヒーショップには数百人のファンが駆けつけたため、撮影が一時中断されるハプニングもあった。

写真=SBS
パク・チニョン記者 neat24@tvreport.co.kr
2011-08-22 13:38
TVリポート

「ボス・ムヌニム」キム・ジェジュン、黒の美男フォース「来週水曜日が楽しみ」

[TVリポート パク・チニョン記者]中国のネットユーザーの間でアジアの美男1位に選ばれたJYJキム・ジェジュンが、ドラマに対する期待感を表現した。

キム・ジェジュンは18日、SBS TV水木ドラマ『ボスを守れ』第6話が終わった後、自身のツイッターに「来週水曜日が楽しみだ^^」という文とともに写真1枚をアップした。

写真の中のキム・ジェジュンは車の中で黒いVネックTシャツを着てカメラを見つめている。わずかに突き出した唇と、顔が半分ほど隠れるサングラスが印象的だ。

キム・ジェジュンは自身が出演するドラマ『ボスを守れ』の放送が終わるたびに、ファンのために写真を公開している。本放送をぜひ見てほしいというお願いであり、感謝の表現だ。

写真に接したファンたちは「毎週写真を2枚ずつ見られてうれしい」「私も楽しみです」「ますますおもしろくなる『ボス』、来週もファイトです」などの反応を見せた。

一方、『ボスを守れ』でソ・ナユン(ワン・ジヘ)と突然奇襲キスをしたチャ・ムウォン(キム・ジェジュン)は、第6話放送の終わりにノ・ウンソル(チェ・ガンヒ)に「ムヌニム(※ムウォン+ハヌニム=神のような存在)ではなく、人をやらせてくれ。男として近付きたい」と告白してチャ・ジホン(チソン)と本格的な三角関係を形成した。

写真=キム・ジェジュンのツイッター
パク・チニョン記者 neat24@tvreport.co.kr
2011-08-19 01:22
TVリポート

チェ・ガンヒとキム・ジェジュン、大学路デート「本当の恋人みたい」

[ソウル新聞NTN ソン・ジェウン記者]女優チェ・ガンヒとグループJYJのキム・ジェジュンが大学路(テハンノ)デートを楽しんだ。


チェ・ガンヒ、キム・ジェジュンは8月中旬、ソウル恵化洞(ヘファドン)大学路(テハンノ)マロニエ公園で行われたSBS水木ドラマスペシャル『ボスを守れ』(脚本クォン・キヨン、演出ソン・ジョンヒョン)の撮影で、遊園地デートに続き、再び公開デートを行った。

この日、チェ・ガンヒとキム・ジェジュンはボーカルのイ・キリョンが率いる高句麗バンドの曲『一場春夢』に合わせて楽しく体を揺らした。

この場面のためにソン・ジョンヒョンPDは国楽と洋楽を結合し、独特の音色を出すこのバンドと曲を自ら選択した。おかげで主人公だけでなくほかの出演者たちや、大学路に訪れた一般市民も渾然一体になって拍手して楽しむという、異色の光景が演出された。

続く撮影で二人は大学路の通りを散策し、露店で販売されているいろいろなサングラスをかけてみる様子を演じた。キム・ジェジュンが「Happy Birthday」と書かれたアイスクリーム形サングラスをかけると、ハート形のサングラスをかけたチェ・ガンヒは「誕生日おめでとう」という歌を歌って大きな笑いを誘った。

制作スタッフは「チェ・ガンヒとキム・ジェジュンが、前回のテーマパークでも実際に楽しく遊んで、制作スタッフや見物する市民たちに楽しみを与えたが、今回の大学路デートでもまるで本当の恋人のように仲睦まじい姿を見せて撮影がうまくいった」と満足げに語った。

チェ・ガンヒとキム・ジェジュンの大学路デートは8月17日に第5話分として放映される。

写真=SBS
ソン・ジェウン記者 jaeni@seoulntn.com
2011-08-17 15:18
ソウル新聞NTN

『ボスを守れ』セクシーなキム・ジェジュンに惚れ込んだチェ・ガンヒ「ム様!」

[ソウル新聞NTN イ・ソナ記者]ノ・ウンソル(チェ・ガンヒ)がチャ・ムウォン(キム・ジェジュン)に恋心を抱き、「ム様」というあだ名をつけた。

11日に放送されたSBS水木ドラマ『ボスを守れ』(脚本クォン・ギヨン、演出ソン・ジョンヒョン)4回ではノ・ウンソルがチャ・ムウォンに惚れ込む姿を描いた。

チャ・ジホン(チソン)と一緒に訪れたテーマパークで、チャ・ムウォンとソ・ナユン(ワン・ジヘ)とばったり会うノ・ウンソル。ソ・ナユンはノ・ウンソルへの嫉妬で彼女のお尻をアイスクリームで汚す。さらに、ソ・ナユンはチャ・ジホンに「私のもとへ戻ってきて」と哀願する始末。これを見かねたチャ・ムウォンがノ・ウンソルをつれてその場を離れた。

突然チャ・ムウォンとデートすることになったノ・ウンソルは高鳴る胸を抑えることができなかった。チャ・ムウォンがアイスクリームで服を汚したノ・ウンソルのためにジャケットを貸すなど、優しくふるまったためだ。

特に、ノ・ウンソルの胸の高鳴りはフルームライドに乗った後、頂点に達した。チャ・ムウォンの濡れたシャツが張り付き、胸の筋肉がそのまま見えたからだった。チャ・ムウォンが「ちょっと見苦しいですよね」と聞くとノ・ウンソルは「いや、私は好きですよ…」と本音を言ってしまう。

一方、家に帰ってきたノ・ウンソルはチャ・ムウォンのジャケットを壁にかけて、うれしそうに見つめていた。その姿をあきれて見ているイ・ミョンラン(ハ・ジェスク)にノ・ウンソルは「チャ・ムウォン本部長は“ム様”」とし、「神様と同格」と説明した。続いてノ・ウンソルは「あなたが神様みたいに拝むウォンビン、ヒョンビンのような存在」と付け加え、チャ・ムウォンへの愛情を見せつけた。

写真=SBS『ボスを守れ』放送画面キャプチャー
イ・ソナ記者 aporia01@seoulntn.com
2011-08-12 01:31
ソウル新聞NTN