Tag Archives: ソン・スンホン

「内輪だけのパーティー」テレビ局の授賞式、なぜ公正でなくてはならないのですか?(コラム)

[TVリポート キム・ボムソクのサイドミラー]意欲だけは誰にも負けなかった新米記者のころ、あるテレビ局の演技大賞の授賞式が公正ではなかったという趣旨の記事を書いたことがある。心のどこかで褒められると思って作成したものの、先輩からは鼻で笑われた。内輪だけのパーティーの性格を持っているテレビ局の授賞式がなぜ、公正でなければならないのかと、ある先輩から質問されたとき、すぐに答えることができなかった。

その後に出会ったテレビ局幹部の愚痴も似たようなものだった。「いや、1年間苦労したタレント、お笑いタレントにまんべんなく賞を与えるのも間違いですか? なぜ、テレビ局の授賞式を皆勤賞だとけなすのか、理由がわかりません。ミニ、週末、毎日、特別企画に分けて賞を与えることのどこが悪いのですか?」

そして、決定的に、1年の最後の日、汝矣島(ヨイド)のKBS別館でタレント労組が組合員に米80kgを配っている姿を見て、テレビ局の授賞式に対する考え方がガラリと変わった。テレビ局の授賞式は言葉の通り「内輪だけのパーティー」で、それ以上でも、以下でもなかった。1年間がんばってくれた芸能人たちにテレビ局の社長と役員たちが感謝を伝え、機会があれば来年も一緒にやってみようという意味があって、それが可能かどうかが受賞者選びのポイントなのだ。

誰の演技力が優れていたのかに重点を置いているわけではないため、2008年のMBC演技大賞で起きたキム・ミョンミン、ソン・スンホンの共同受賞も可能だったのだ。演技力だけで評価するなら、『白い巨塔』のキム・ミョンミンが単独で受賞するのが正しいが、視聴率と広告販売など寄与度の側面からみると『エデンの東』のソン・スンホンがキム・ミョンミンに後れをとるわけがないのだ。また、MBCの立場からすれば、映画活動に注力しているキム・ミョンミンよりは、ドラマに重点を置いているソン・スンホンと近い距離を維持している方が戦略的に有利である。ソン・スンホンは今年、自分が制作に参加した『マイ・プリンセス』をMBCと協議し、出演した。

タレントもこのような状況と雰囲気をよく知っているため、とんだサプライズ発表でなければ、受賞して涙でマスカラがにじむことにはならない。2009年のKBSドラマ『アイリス』で初めて演技賞を受賞したキム・テヒの涙は例外だったが、ほとんどの受賞者たちが「もう私の番だ」という表情で微笑むのも、こんな理由があるためだ。これを「八百長」「参加すれば誰でも賞がもらえる」などと、批判する理由などないのだ。

それは、バースデーパーティーに招待されなかった小学生が「なぜ、チョルスは呼んで、ミョンスは呼ばなかったの?」と駄々をこねるのとまるで同じ理屈だからだ。誕生日を迎えた子どもが普段から仲良くしている友達を選んで、招待したなら、それで終わり。それに理由を聞いてはいけないし、問いただすのは価値のない行動だ。

青龍映画賞や、唯一、地上派3社を対象にしている白想芸術大賞のような統合授賞式は、当然、公正性と選定の基準が合理的でなければならないが、テレビ局の授賞式に対してこれ以上、つべこべ言うのはやめた方がいい。テレビ局も、もう少し賢くならなければならない。総合編成チャンネルに行ってしまったイ・スグンを芸能対象の候補から外し、ドラマ『ブレイン』のシン・ハギュン、チョン・ジニョンをベストカップル賞候補にする笑えないコントはこれ以上やってはいけない。

だからこそ、最小限の権威を認められることができ、3時間の授賞式を生中継し、番組の前後に広告をつける商売が可能なのだ。内輪だけのパーティーだからといっても、ある程度の線を越えてしまうと、公共財である電波を無駄遣いしているという批判を招かざるを得ないからだ。変わらないためには、自ら変わらなければならない。

写真=MBC(2008年 MBC演技大賞共同受賞者のキム・ミョンミンとソン・スンホン)
キム・ボムソク記者 kbs@tvreport.co.kr
2011-12-22 14:44
TVリポート

『最高の愛』『私の心が聞こえる?』『きらきら光る』MBC演技大賞の人気賞、カップル賞候補に

[TVリポート チョン・ソナ記者]今年MBCで放映されたドラマ『最高の愛』『私の心が聞こえる?』『きらきら光る』が演技大賞のベストカップル賞と人気賞候補に並んでランクインし、大賞の選定は難しくなるものとみられている。

MBCは21日、公式サイトに『2011 MBC ドラマ大賞』のページを開設し、ベストカップル賞と人気賞候補を公開した。

ベストカップル賞の候補として、週末ドラマ『私の心が聞こえる?』のキム・ジェウォン&ファン・ジョンウム、『きらきら光る』のキム・ヒョンジュ&キム・ソクフン、月火ドラマ『マイ・プリンセス』のソン・スンホン&キム・テヒ、水木ドラマ『ロイヤルファミリー』のヨム・ジョンア&チソン、『負けてたまるか』のチェ・ジウ&ユン・サンヒョン、『最高の愛』のコン・ヒョジン&チャ・スンウォンが名乗りを上げた。

6候補すべて、放映当時、甘いラブストーリーで人気を博した主役たちだ。

男女人気賞は各ドラマでパートナーで出演した俳優たちが並んで候補に名前を挙げ、注目を集めた。

『きらきら光る』のキム・ソクフンとキム・ヒョンジュ、『私の心が聞こえる?』のキム・ジェウォン&ファン・ジョンウム、『マイプリンセス』のソン・スンホン&キム・テヒ、『最高の愛』のコン・ヒョジン&チャ・スンウォンがその主人公だ。ほかにも『ロイヤルファミリー』のチソンと『負けてたまるか』のチェ・ジウがそれぞれ男女人気賞候補にランクされた。

この日公開された人気賞やベストカップル賞候補は、2011年の1年間、MBCドラマで活躍した面々で、視聴率でも良い成績を収めていた。

今回の『2011 MBC ドラマ大賞』はMBCでこの1年間に放送されたドラマの総決算となるもので、授賞式は30日に行われる。

▼『最高の愛』

▼『私の心が聞こえる?』

▼『きらきら光る』

写真=MBC
チョン・ソナ記者 sunha@tvreport.co.kr
2011-12-21 13:46
TVリポート

ソン・スンホン、キム・テヒら日本で『マイ・プリンセス』クリスマスコンサート

[TVリポート チョン・ソンハ記者]ドラマ『マイ・プリンセス』の主演俳優ソン・スンホンとキム・テヒが日本で歓待を受けた。

17日、東京国立代々木競技場第一体育館で「マイ・プリンセスX’masコンサート」が開かれた。19日、制作会社によれば、この日のコンサートは2万2000席のすべてが売り切れ、盛況となった。

2回にわたって行われた今回の公演は『マイ・プリンセス』の主人公ソン・スンホン、キム・テヒ、リュ・スヨン、BEASTイ・ギグァンなどが出演して撮影当時の知られざるエピソードや個人生活にまつわるトーク、友情出演したBEASTの華麗な歌唱ステージなどが繰り広げられた。

すっきりしたスーツ姿で舞台に上がったソン・スンホンは、公演の間、いつもウイットに富んだトークで笑いが絶えない雰囲気を作り出し、日本のフジテレビで放映中の『僕とスターの99日』の撮影中に現地で合流したキム・テヒは、ずば抜けた美貌と隠された歌唱力を見せつけた。

KBS 2TV週末ドラマ『烏鵲橋(オジャッキョ)の兄弟たち』に出演中のリュ・スヨンは公演前日に入国してショーに加わり、シン・ソンウの『ソシ(序詩)』を熱唱するなど、隠された才能を発揮した。

MBC TV水木ドラマ『私も、花!』に出演中のイ・ギグァンは足首負傷中にギブスをして舞台に上がり、この日のコンサートを楽しんだ。

3時間あまりの間行われた今回の公演は12000円という比較的高い入場料であったが、全席が売り切れて総売り上げ3億円を記録したとわかった。

今回のコンサートを企画したカーテンコールメディアの関係者は「今回の公演は国内の放送会社、ドラマ制作会社、俳優のマネージメント会社が力を合わせ、海外で新しい文化事業としてのモデルを作る踏み台となった」と評価した。

写真=カーテンコールメディア
チョン・ソンハ記者 sunha@tvreport.co.kr
2011-12-19 15:54
TVリポート

S-KIZUNA Season4 Vol.1

ソン・スンホンのプライベートマガジン【KIZUNAシリーズ】
シーズン3のVol.4は4月24日発売!

◆特集:One Spring Day With SSH

~ソン・スンホンとの”秘密のデート”を楽しもう!!

◆SSH Sketch

スマートフォンで見る『マイ・プリンセス』の世界
ロッテ免税店の撮影現場に密着!!

◆プライベート

久しぶりに集まった友人との楽しいバースデーパーティー
☆その他 撮影現場の裏側に密着!!

★KBOOMCLUBで年間定期購読

  • タイトル/【S-KIZUNA シーズン3】
  • 発行予定/全6冊(隔月刊)

創刊:2010年11月5日 第2号:2010年12月24日 第3号:2011年2月25日
第4号:2011年4月25日 第5号:2011年6月25日 第6号:2011年8月24日

  • 体裁:サイズ/A4判  ページ数/表紙4ページ+80~96ページ
  • 販売方法/全6冊定期購読のみ(お申し込み後、代金は先払いとなります)
  • 定期購読料/全6冊12,600円(国内発送の価格、税・送料込)

S-KIZUNA Season4 Vol.1

ソン・スンホンのプライベートマガジン【KIZUNAシリーズ】シーズン4 Vol.1は12月24日発売!
※KBOOMCLUBで通常お申し込み受付を開始いたしました。

Massage From Song Seung Heon

Studio Shooting

Re-Start―再スタート―

Interview

KIZUNA 4年目の新たなる決心

Private

散歩

History…his story

4 Cuts of the day

広告撮影&タイアップイベントの現場

Black’ Smith(ブラック・スミス):紙面広告撮影&オープン記念 ファンサイン会
現代海上 High Car
ロッテ免税店

スケジュール ダイアリー
読者プレゼント
ほか

S-KIZUNA Season 4 Vol.1

ソン・スンホンのプライベートマガジン【KIZUNAシリーズ】シーズン4 Vol.1は12月24日発売!
※KBOOMCLUBで通常お申し込み受付を開始いたしました。

Massage From Song Seung Heon

Studio Shooting

Re-Start―再スタート―

Interview

KIZUNA 4年目の新たなる決心

Private

散歩

History…his story

4 Cuts of the day

広告撮影&タイアップイベントの現場

Black’ Smith(ブラック・スミス):紙面広告撮影&オープン記念 ファンサイン会
現代海上 High Car
ロッテ免税店

スケジュール ダイアリー
読者プレゼント
ほか

【Tフォト】Mnetの音楽賞イベントのため、ソン・スンホン、イ・ビョンホンらシンガポールへ出発

[TVリポート キム・ジェチャン記者]28日午前、『2011 Mnet Asian Music Awards』に出席するため、俳優のソン・スンホン、イ・ビョンホン、パク・シフ、チソンらが仁川(インチョン)国際空港からシンガポールに出国した。

▼ソン・スンホン

▼イ・ビョンホン

▼パク・シフ

▼チソン

キム・ジェチャン記者(仁川永宗島)freddie@tvreport.co.kr
2011-11-28 09:44
TVリポート

【会場変更いたしました】 KIZUNA Season 4 発売記念オフ会開催決定!

スンホンファンの皆様へ!

KIZUNA Season 4 発売記念オフ会開催決定!
KIZUNA購読者の皆様やスンホンファンの熱いラブコールに応えまして、Season 4がいよいよ12月に発売決定! 発売記念オフ会を開催いたします。(※応募受付は終了しました)

質問コーナーのスペシャルゲストとしてスンホン氏の友人(KIZUNA企画者)チョン・ヨンウク氏を招待してお話をして頂きます(予定)。その他GUY.Mによるミニライブ、プレゼント抽選会などなど盛り沢山の内容をご用意しておりますので、お誘いの上ご参加お待ちしております。

【開催日時】
12月18日(日)13:00~15:30
受付開始時間: 12:30

【会場】
新大久保 聖地
住所:新宿区大久保1-11-3 大東ビルB1階

大変申し訳ありませんが、下記会場に変更させていただきました。

歌舞伎町ユニバーサルシティー
住所:〒160-0021 東京都新宿区歌舞伎町1-21-1 第二東亜会館ビルB1

http://r.gnavi.co.jp/e730300/

【募集人数】
200名
応募多数の場合は、締切後に抽選の上、当選した方にメールでお知らせいたします。

【会費】
4,000円 <ワンドリンク軽食付き>
※当日、会場にてお支払いいただきます。
当選後のキャンセルは開催日の3日前までは会費の50%、それ以後は全額をお支払いいただきますのでご了承ください。

【募集期間】
2011年11月16日(水)~2011年12月2日(金)

【当選メール通知日】
抽選後、12月5日(月)に当選者のみにメールで通知いたします。

【応募方法】
12月2日(金)までに下記からお申し込みください。(締め切りました)

ソ・ジソブ「結婚考えないソン・スンホン兄がとても心配」

[TVリポート クォン・ヒョクキ記者]俳優ソ・ジソブ(34)が未婚の1年先輩ソン・スンホンのことが心配だと話した。

ソ・ジソブは最近ソウル鍾路区(チョンノグ)三清洞(サムチョンドン)のあるカフェで行われたインタビューで「結婚は四十前に必ずしたい」と打ち明けた。彼は「ソン・スンホン先輩を見ると、早く結婚すればいいのにと思います。先輩が早く誰かに世話をしてもらうようになればうれしいです」と話した。恋愛映画公開を控えた主人公として、結婚計画を尋ねる質問に答える代わりに不意にソン・スンホンについて語った。

ソ・ジソブは引き続き「でも、先輩も思いどおりにはうまくいかないようです」と語り、「結婚というのは、気持ちだけでも準備しておかなければならないのに、先輩はまだ考えてもいないようです。まだ仕事のほうが好きということじゃないでしょうか」と笑った。二人はほぼ同じ時期に衣類ブランド「292513=storm」のモデルとしてデビューし、注目された芸能界の親友だ。

ソ・ジソブは「漠然と結婚式のことを想像してみたことがありますが、四十前に家族だけでこぢんまりと集まって結婚式を挙げたいです。騒々しいイベントではなく、家族どうし幸せな姿を見せる結婚式ならばそれでいいです」と付け加えた。

ソ・ジソブは釜山国際映画祭(BIFF)開幕作『ただ君だけ』(ソン・イルゴン監督、HBエンターテインメント制作)で、勢いのあるボクサーだったが闇の道を歩いたチャン・チョルミン役を演じ、ハン・ヒョジュと共演した。15歳以上観覧可で、20日に公開される。

クォン・ヒョクキ記者 khk0204@tvreport.co.kr
写真=イ・セロム記者 saeromli@tvreport.co.kr
2011-10-17 14:09
TVリポート

ソン・スンホンが『ブレイン』に出演する話は不発に…「準備期間が不足」

[TVリポート ピョ・ジェミン記者]俳優ソン・スンホンは、医学ドラマ『ブレイン』(ユン・ギョンア脚本、ユ・ヒョンギ演出)からオファーを受けていたが、出演はしないことになった。

ソン・スンホンの所属事務所のストームエスカンパニーの関係者は23日午後、TVリポートに「医学ドラマは、どうしても事前に知識を習得するなど、準備期間が必要だ」とし「さらに、ソン・スンホンにとって初の医療ドラマなので、キャラクターの分析にも時間が必要だと判断した」と明らかにした。

続いて、「準備する時間が不足しているため、残念だが出演しないことにした」と付け加えた。ソン・スンホンは今年初めに放映されたドラマ『マイ・プリンセス』を通じて、女性視聴者たちの心を捕らえている。

そのため、ソン・スンホンの次期作に対する関心が高まっている。この所属事務所関係者は「現在までに、いくつかの作品の提案を受けた」とし「遅くとも来年上半期にカムバックすると見ている」と伝えた。

なお、『ブレイン』は、神経外科専門医の話を扱った医学ドラマだ。当初イ・サンユンとユン・スンアをキャスティングしていたが、キャラクターの年齢層を考慮して、出演俳優を変更した。

写真=TVリポートDB
ピョ・ジェミン記者 jmpyo@tvreport.co.kr
2011-09-23 17:13
TVリポート