Tag Archives: チャン・グンソク

チャン・グンソク「安全なことには魅力を感じない、ワールドプリンスになるために走る」

[TVリポート チョン・ソンハ記者]韓流スターのチャン・グンソクが、アジアにとどまらず「ワールドプリンス」を目標に活動半径を広げると明らかにした。

チャン・グンソクは25日、東京都内で東京ドーム単独コンサート『JANG KEUNSUK 2011 THE CRI SHOW IN TOKYO DOME THE BEGINNING』を前に記者会見を行った。

韓国と日本の両国で「アジアプリンス」を自称しているチャン・グンソクはこの日、「自分の口でアジアプリンスと騒いでいますが、実はこれはまだ叶えていない僕の夢です」としながら「欲を言えば、ワールドプリンスになりたいです」と話した。

引き続き「アジアのプリンスという立場に酔いしれて、何もしないとは言われたくなくて、外国語の勉強を一生懸命しています」と明らかにした。チャン・グンソクは東京ドーム公演のために日本記者団と行った懇談会ですべて日本語で話すくらい、相当な語学力を身につけた。

チャン・グンソクは日本語のほかに、現在は中国語も並行して学んでいるところで、アジア諸国の言語習得にも乗り出している。彼は「韓流スターになったといって、人の前に出ないなどという態度はあまり良くないと思います。それは安全かもしれませんが、僕はそのような態度にはあまり魅力を感じることができません」として「このような活動は、僕の自己満足というだけでなく、韓国のコンテンツがまだ届いていないところに対するノックのようなものでもあります」と話した。

元祖韓流スター、ペ・ヨンジュンを凌駕する唯一の次世代走者に選ばれているチャン・グンソクは、今後の活動の方向に対しても考えを明らかにした。

彼は「韓流スターはみんな、進む道が違います。僕の場合は、ある戦略を立ててそれに従うのではなく、僕が望む仕事をするのがコンテンツとなっています」として「僕はしたくないことすると体が変になりますが、したい仕事をする時は違います」という言葉で自信を示した。

ペ・ヨンジュンをはじめとする日本国内の韓流の次世代走者に選ばれているチャン・グンソクは、先に道を切り開いた先輩たちに対する感謝の気持ちも忘れなかった。

チャン・グンソクは「この前、リュ・シウォン先輩から、日本活動と関連して、いつでも助けてやるという電話をもらったことは、本当に大きな力になりました。海外活動は孤独な道ですが、辛い時に辛いと言える先輩がいることに感謝します。これは逆に、僕も後輩を引っ張ってあげなくてはならないことを意味するのではないでしょうか」と話した。

写真=Tree Jカンパニー
チョン・ソンハ記者(東京) sunha@tvreport.co.kr
2011-11-28 08:00
TVリポート

【Tフォト】ソン・ジヒョとJYJ、教育科学技術部オンライン広報大使に

[TVリポート ファン・ソヨン記者]俳優チャン・グンソクが、自身の映像集がキャプチャーされて出回っているという知らせを聞いて怒った。

15日午後、チャン・グンソクの所属事務所Tree Jカンパニー公式ツイッターに「大切に撮った俳優チャン・グンソクの映像集がキャプチャーされて出まわっています。映像集の内容をキャプチャーして公開するのは著作権法を侵害する厳然とした不法行為ですので、チャン・グンソクの大切な作品を守るウナギ(チャン・グンソクのファン)になって下さい」という文を掲載した。

この文をリツイートしたチャン・グンソクは「サイバー捜査隊GoGo」という怒りの文を残した。

先日、チャン・グンソク、キム・ハヌル主演の映画『きみはペット』の音源とラストの場面の写真がオンライン上に流出するという事件があった。今回はチャン・グンソクの映像集がキャプチャーされて出回っている。

この文を見たインターネットユーザーは「不法行為は許すことはできない」「はっきり言えば、そうでもして自分のものにしたい人はいるだろう」「著作権侵害だ。ひどい」「どうしてそんなことを? 文化意識のレベルが高まってほしい」などの反応を見せた。

写真=TVリポートDB
ファン・ソヨン記者 soyoung920@tvreport.co.kr
2011-11-16 11:23
TVリポート

【Tフォト】チャン・グンソク、核安全保障サミットの広報大使に

[TVリポート イ・セロム記者]チャン・グンソクは7日午後、ソウル鍾路区サジクドン外交通商部(省)で『2012ソウル核安全保障サミット』広報大使の委嘱を受けた。

核安全保障サミットの準備企画団(団長キム・ソンファン外交通商部長官)は、来年3月にソウルで開かれる首脳会議に先立ち、核安全保障と世界平和の重要性を身近に知ってもらうため、歌手パク・ジョンヒョン(リナ・パーク)、俳優チャン・グンソク、子役俳優チン・ジヒ、ワン・ソクヒョンを広報大使に任命した。

イ・セロム記者 saeromli@tvreport.co.kr
2011-12-07 17:54
TVリポート

CRI-J Season2 Vol.1

チャン・グンソク専門雑誌『CRI-J』- Season2 -(クリジェイ シーズン2)
Vol.01は4月10日発売です。※Vol.2は7月10日発売予定。
→お詫びと訂正

◆ALL ABOUT YOU

チャン・グンソクのA to Z

◆MOOD FOR ME

アルバムレコーディング現場に潜入

◆CATCH ME

広告撮影現場をパパラッチ

◆WHAT’S WHAT

チャン・グンソクの頭の中

◆LOVE RAIN TRANSFOMER

ドラマ『ラブレイン』のためにヘアカット
美容室での一こま

◆FROM YOU FROM ME

ファンレターを紹介

…and more(内容は変更になる場合があります)

→★【国内発送】KBOOMCLUBで年間定期購読

→★【海外発送】KBOOMCLUBで年間定期購読

  • 発行予定/1年間限定 全4冊(季刊)
    第1号:2012年4月10日
    第2号:2012年7月10日
    第3号:2012年10月10日
    第4号:2012年1月10日
    (発刊日程は多少ずれる可能性があります)
  • 体裁/サイズ:A4判  頁数:表紙4ページ+80~96ページ
  • 定期購読料/全4冊 8,400円(税・送料込)
  • 詳しくはチャン・グンソク専門雑誌『CRI-J』特設ページをご覧ください。

≪関連情報≫

チャン・グンソク『CRI-J』Season 2 創刊のごあいさつ

チャン・グンソク専門雑誌『CRI-J』Season 2 スタートに向けて、グンソクさん本人からビデオメッセージをいただきました!

【『CRI-J』シーズン2 について】

2月29日までにお申し込みされ、3営業日以内にお振り込みをされた方全員に
CRI-J特製クリアファイル2枚をプレゼント!

★【シーズン2】購入(予約)はコチラから

  • 発行予定/1年間限定 全4冊(季刊)
    第1号:2012年4月10日
    第2号:2012年7月10日
    第3号:2012年10月10日
    第4号:2012年1月10日
    (発刊日程は多少ずれる可能性があります)
  • 体裁/サイズ:A4判  頁数:表紙4ページ+80~96ページ
  • 定期購読料/全4冊 8,400円(税・送料込)※日本国内の住所への発送のみ (Domestic orders)
  • 詳しくは KBOOMCLUB をご覧ください。

☆【シーズン1(2011年4月~2012年1月)】は全4冊の一括購入のみ可能です(数量限定)。

MUSIC BANK Vol.9

MUSIC BANK Vol.9 (2012年3月号)の表紙は、Trouble Maker(BEAST ヒョンスン & 4Minute ヒョナ)!話題のスペシャルグループが表紙&巻頭特集に初登場です。 Golden Disk Awardsも徹底レポート! 1月28日発売です!

◆表紙 & COVER STORY

Trouble Maker
ヒョンスン(BEAST)& ヒョナ(4Minute)

話題のスペシャルグループが表紙&巻頭特集に初登場!

◆Golden Disk Awards

―受賞式で振り返る2011年K-POP界―

SUPER JUNIOR/少女時代/CNBLUE/INFINITE/FTISLAND/BEAST/KARA/超新星 ほか

1月11日と12日に京セラドームで行われたGolden Disk Awardsを徹底レポート!
さらに受賞者別に2011年の活動をプレイバック!

◆MB 年末スペシャル特集 ~年末総決算編~

12月23日に放送されたMUSIC BANKの年末総決算スペシャル番組を紹介!

◆PAPARAZZI & INTERVIEW

MBLAQ

ニューアルバム『100% Ver』でカムバックを果たした彼らのスペシャルインタビュー
さらに控室に潜入!

◆Talk with MB MC

ユイ(AFTER SCHOOL)& イ・ジャンウ

2012年の新しいMC、ユイとイ・ジャンウ 初登場!

◆MB Buzz

Dynamic Duo(ダイナミックデュオ)
M Signal(エムシグナル)

◆Special Interview

F.CUZ

◆Hot Debut

F.I.X

◆Idol’s Style

NS Yoon-G

◆RISING STAR

BoM
A-ble

◆MB Column

YG Entertainment

YG Family Concert in Japanを徹底レポート!

チャン・グンソク & ユナ(少女時代)

ドラマ『ラヴレイン』

◆Pick Up Event

ドラマティックライブ『ATHENA-アテナ-』記者会見&ライブ
2AM スロン初主演作品『アコースティック』プレミア試写会

◆K-CHART

ランキングとともに、MUSIC BANK本番の模様をお届け!

◆Event Report in Japan

John-Hoon
2AM
U-KISS
パク・ジョンミン

ほか(内容は一部変更される場合があります)

芸能人最高の不動産王、1位ソ・テジ

[ソウル新聞NTN]歌手ソ・テジ(本名チョン・ヒョンチョル)が芸能人として最高額のビル所有者に選ばれた。

12日、財閥ドットコムは、有名芸能人本人が所有するソウル所在のビルを公示地価と周辺ビルの取引価格をもとに調査した結果を明らかにした。

その結果、芸能人が保有する評価額50億ウォン(約3億4千万円)以上の建物の中で、ソウル江南区(カンナムグ)の論硯洞(ノンヒョンドン)にあるソ・テジ名義のビルが295億3千万ウォン(約20億円)で最も高額だった。

ソ・テジが2002年に買い入れたこのビルは、地上6階、地下3階で敷地722.5平方メートル(219坪)、延面積3729.4平方メートル(1130坪)で、今年の1平方メートル当たりの公示地価は947万ウォンを記録した。

続いて2位には俳優チャン・ドンゴン、コ・ソヨン夫妻がそれぞれ江南(カンナム)と江北(カンブク)に所有しているビル3棟の価格が282億6000万ウォンと調査された。

タレントのチャ・インピョ、シン・エラ夫妻が共同名義で保有する清潭洞(チョンダムドン)のビルは223億4千万ウォンだった。映画俳優パク・チュンフンの駅三洞(ヨクサムドン)のビルは140億6千万ウォン、チャン・グンソクの清潭洞のビルは140億2千万ウォン(5位)、ユ・インチョン前文化体育観光副長官と夫人が所有する清潭洞のビルは110億6千万ウォンだった。

それぞれの芸能人が保有するビル28棟の所在地は江南区24、瑞草区1、龍山区1、麻浦区1、江東区1で、江南に集中していた。特に18棟が江南区の清潭洞と新沙洞にあった。

写真=ソウル新聞NTN
演芸チーム記者 ntn@seoulntn.com
2011-12-13 13:47
ソウル新聞NTN

チャン・グンソク、140億ウォンのビルを持つ芸能界最年少不動産長者

[TVリポート チョン・ソンハ記者]俳優チャン・グンソクが最年少の不動産長者であることがわかった。

19日に放送されたSBS TV『ペ・キワン、チェ・ヤン、チョ・ヒョンギの良い朝』で「2011大韓民国1%の不動産長者スター」のコーナーが放送され、チャン・グンソクが24歳という年齢でこの1%に含まれている事実が公開されて話題を集めた。

この日の放送に登場した不動産専門家は「チャン・グンソクが24歳で芸能界最年少不動産長者」で、「今年140億ウォン(約9億4000万円)程度のビルを買った」と伝えた。

この専門家によれば、チャン・グンソクが買い取ったビルは、かつてコメディアンのソ・セウォンが妻と共同で所有していた建物だ。このビルはソウル江南(カンナム)区の論硯洞(ノンヒョンドン)にあり、現在はチャン・グンソクが所属事務所の建物として使っている。

写真=TVリポートDB
チョン・ソンハ記者 sunha@tvreport.co.kr
2011-12-20 00:09
TVリポート

『ラブレイン』チャン・グンソクとユナのさわやかな出会い公開「眼球浄化カップル」

[TVリポート イ・ウイン記者]ドラマ『ラブレイン(サランピ/愛の雨)』(オ・スヨン脚本、ユン・ソクホ演出)の二人の主人公、俳優チャン・グンソクと少女時代ユナの初めての出会いのシーンが公開された。

劇中でチャン・グンソクは、70年代、純愛に生きる温かい美大生ソ・イナ役と、2012年、ソ・イナの息子で、愛と仕事に生きる自由奔放なフォトグラファーのソ・ジュン役の二役を演じる。ユナは70年代、素朴で清楚なキャンパスの女神キム・ユンヒ役と、2012年、キム・ユンヒの娘であり愛らしく明るい少女ハナ役の二役を演じ、70年代と現代の愛を同時に描き出す予定だ。

『ラブレイン』の特徴であるときめきを感じさせる初めての出会いは、70年代のソ・イナとキム・ユンヒの姿。あちこちに絵具がついているエプロンをつけたチャン・グンソクと清純な印象が漂うユナの姿は、緑が萌える大学キャンパスと交わり、水彩画を連想させた。

特に、ユナに本を渡したあと彼女の姿から視線を離すことができないチャン・グンソクの表情は、二人の運命的な出会いを、好奇心をかきたてる印象的なものにしている。

『ラブレイン』のユン・ソクホ監督は「70年代の若者たちの愛にはロマンと純粋さ、ぬくもりがあった。このような70年代のアナログ的な愛の感性をうまく表現するために、俳優はもちろんスタッフも多くの努力を傾けている」として「チャン・グンソクとユナが持っている純粋で叙情的な感性を通じ、温かくて恥じらいのある愛の緊張感を美しく描いていく予定なので、関心を持って見守ってほしい」と伝えた。

ロマンと純粋があった1970年代のアナログな愛と、急速に変わっていく2012年のデジタル世代のトレンディーな愛を同時に描き出す『ラブレイン』は、来年上半期の放映を目標にしている。

写真=YOON’S COLOR
イ・ウイン記者 jarrje@tvreport.co.kr
2011-12-19 08:55
TVリポート

「チャン・グンソク・ドキュメンタリー」知られざるグンちゃんの姿公開

[TVリポート イ・オイン記者]「アジアプリンス」にとどまらず「グローバルプリンス」を目指す韓流スター、チャン・グンソクをありのままに収めた映像が視聴者の前に披露される。

KBSは来年1月1日午後10時35分、新年特集として『スタードキュメンタリー – 新韓流の中心、僕はチャン・グンソク』を放送する。

チャン・グンソクが青春スターから韓流スターになるまでの過程、日本での成功の秘訣、これまでステージの後ろに隠されていた青年チャン・グンソクの生のストーリーが配信される。

また、今まで見られなかった「CEOチャン・グンソク」の姿も初公開する。日本と中国での広告撮影現場や、東京ドームにゲスト出演したJoosuCとのデュエットMRの作業の様子などには、忙しい日程の中でもtree Jカンパニーの責任者であり、新たな韓流の流れを作っていくコンテンツの開発者としての姿があり、これまで私たちが知らなかったチャン・グンソクの一面がうかがえる。

さらに、ドラマ『ラブレイン(サランピ/愛の雨)』の撮影現場でのチャン・グンソクの近況はもちろん、平凡な青年に戻った25歳(数え年)のチャン・グンソクの学校生活など、自然な日常もカメラに収めた。

写真=TVリポートDB
イ・オイン記者 jarrje@tvreport.co.kr
2011-12-16 12:03
TVリポート