Tag Archives: パク・シネ

『オレのこと好きでしょ』ジョン・ヨンファ、4段コンボの目の演技「女心揺さぶる」

[ソウル新聞NTN カン・ソジョン記者]演技者ジョン・ヨンファが4段コンボの目の演技で女心を揺さぶった。

ジョン・ヨンファは13日に放送されたMBC水木ミニシリーズ『オレのこと好きでしょ』(脚本イ・ミョンスク、演出ピョ・ミンス)第5話で、荒っぽい→怒り→ぼんやり→涙という変化の激しい目の演技を披露した。

「私が望むのはおとなの男」という言葉でイ・シン(ジョン・ヨンファ)を押し離したチョン・ユンス(ソ・イヒョン)。キム・ソクヒョン(ソン・チャンウィ)の胸に抱かれているチョン・ユンスを見て涙を流すイ・シン。二人の男女の話を中心に、イ・シンに心を奪われて胸を痛めるイ・キュウォン(パク・シンヘ)、心の片隅に埋めておいたチョン・ユンスに対する心を告白したキム・ソクヒョンと、4人の男女の青々とした、胸がじんとするロマンスが描かれた。

チョン・ユンスの誕生日にネックレスのプレゼントとともに突然のキスをしたイ・シンは、チョン・ユンスから冷酷に拒絶されると怒りを隠すことができなかった。そして自身の怒りをイ・キュウォンにぶつけ、奴隷を止めろと大声を張り上げた。愛するがゆえのつらさに胸を痛めるイ・シンの目と涙が女心を刺激した。

チョン・ユンスに傷つけられたイ・シンと、気を使って明るくふるまい、彼を慰めたイ・キュウォンの衝突と涙を描いた場面は特に、ドラマの展開に緊張感を加えた。

放送の終わりの第6話予告には、ギターの師匠と弟子として縁を繋いでいたイ・シンの父ヒョンス(ソ・ポムソク)の悲劇的な結末が予告された。

写真=MBC『オレのこと好きでしょ』画面キャプチャー
カン・ソジョン記者 sacredmoon@seoulntn.com
2011-07-14 10:38
ソウル新聞NTN

全州国際映画祭の広報大使、ソン・ジュンギ『それぞれの場所で』、パク・シネ『重力ピエロ』推薦

[TVリポート チェ・ミンジ記者]俳優ソン・ジュンギが映画『それぞれの場所で(Here And There)』(ダルコ・ルングロブ監督)を推薦して目を引いている。

不慣れな都市で繰り広げられる男と女のラブストーリーを描いた『それぞれの場所で』が、昨年開催された第11回全州(チョンジュ)国際映画祭の広報大使ソン・ジュンギの推薦作に選ばれて、関心が集中している。

一時、将来を嘱望されていたニューヨークのサックス演奏者ロバートが、偽装結婚を頼まれてセルビアで会った女性オルガと恋に落ちるこの作品は、中年の出会いを切ないながらもウィットをこめて描き出している。

2009年Tribecaフィルムフェスティバルで最優秀ニューヨーク長編映画賞受賞、カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭など数多くの映画祭のラブコールを受けたこの作品は、昨年、第11回全州国際映画祭で上映され観客から好評を得た。

当時広報大使であったソン・ジュンギ、パク・シネは上映作品中からそれぞれ一編の映画を推薦作として選定し、観客に紹介した。パク・シネは森淳一監督の日本映画『重力ピエロ』を、ソン・ジュンギは「映画宮殿」セクションで上映されたダルコ・ルングロブ(Darko Lungulov)監督の『それぞれの場所で』を推薦作として選んだ。

実際にセルビア出身であり、ニューヨークで10年以上生活したダルコ・ルングロブ監督の実体験が溶けこんでいるコメディと成熟した中年のロマンスが魅力的なこの作品は、上映されて1年を過ぎたにもかかわらず期待と好奇心を倍加させている。

老若男女、世代を問わない多様な観客層に温かいロマンスとときめきを伝える『それぞれの場所で』は15日に公開されて上映中だ。

チェ・ミンジ記者 star@tvreport.co.kr
2011-12-15 18:15
TVリポート

パク・シネ、学業について後悔する心境をツイート「学費がもったいない」

[TVリポート イ・ソニュ記者]女優パク・シネが学業に関して後悔しているという心境を吐露した。

パク・シネは28日午後、自身のツイッターで「大学生になってから、今学期は本当に最悪だ」と話し始めた。

彼女は「休学して旅行にでも行ってしまえばよかったのに。学費がもったいない。大変でも我慢してどうにか通おうと思っていたのに、とうてい耐えられなかった」「今は何もしたくない。休符……私に必要なたったひとつのこと、休符」と、疲れた気持ちを伝えた。

現在、中央大学演劇映画学科に在学中のパク・シネは、最近まで学業と並行し、海外を行き来するなどの活発な活動を続けてきた。しかしいつも明るく笑っていた裏で、仕事と学業の並行で心身ともに疲れた気持ちを打ち明け、ファンは気の毒に思ったようだ。

パク・シネのツイートを見たインターネットユーザーは「学業に十分打ち込むことができず、後悔すること自体が『ちゃんとした俳優』という気がする」「シネ嬢、がんばってください」「遊ぶのに忙しくて学業をおろそかにしたわけではないのだから、気にしないでください」「もうすぐ冬休みですから、再充電の時間ぜひ持ってほしいです」など、応援のメッセージを伝えた。

パク・シネは24日、ソウル松坡区(ソンパグ)のオリンピック公園体操競技場で開かれた『2011 MelOn Music Awards』の司会進行役としてステージに上がっていた。

写真=TVリポートDB
イ・ソニュ記者 feelyou@tvreport.co.kr
2011-11-28 17:31
TVリポート

パク・シネ、日本のIMXと契約締結「日本活動に拍車」

[TVリポート ナム・スンウォン記者]パク・シネが日本の韓国エンターテインメントビジネスの代表的企業であるIMX(インタラクティブメディアミックス)と契約を結び、日本進出に乗り出す。

すでに韓国ドラマ『美男(イケメン)ですね』で次世代韓流クイーンとして日本で高い人気を得ているパク・シネがIMXとエージェンシー契約を締結し、日本活動の本格化に拍車をかけた。

IMXはぺ・ヨンジュンをはじめ、イ・ジュンギ、イ・ミンホ、ソ・ジソブ、ソン・イェジン、アン・ジェウク、ZE:Aなど韓国のスターの日本進出を成功に導いた総合エンターテインメント企業で、日本で初めて韓国ドラマのインターネット配信サービスを始めた。

また、『ホテリアー』、『私の名前はキム・サムスン』など韓国の人気ドラマや映画の配給はもちろん、KBSとMBCの日本公式動画サービスを運営しており、俳優及びアーティストのさまざまなコンテンツ開発からコンサート制作まで活発な事業展開で知られている。

パク・シネの所属事務所4HIMエンターテインメントの関係者は「パク・シネの日本での認知度が高くなったことにつれ、日本での専門的マネジメントが必要だと判断し、IMXと契約を締結するようになった」と明かした。

パク・シネは13日、日本で韓流媒体のラブコールにより日本を訪問した。『女性自身』『週刊女性』『Hot Chilli Paper』『韓国fanマガジン』などの取材を受け、IMXと契約を締結し、本格的な日本活動の幕開けを告げた。

写真=TVリポート DB
ナム・スンウォン記者 qqq7740@tvreport.co.kr
2011-10-19 08:53
TVリポート

パク・シンヘ「チャン・グンソク、日本で630円で販売中!」

[TVリポート]女優のパク・シンヘがチャン・グンソクの人気を証明した。

13日午後、パク・シンヘは自身のツイッターで「アジアプリンス、チャン・グンソクさま。日本のある店で630円で販売されてました。さあ、皆さん、並んでください!」とつぶやき、写真を1枚掲載した。

これは日本のある店で販売されているチャン・グンソクの写真を写したもの。ビニール袋に包まれたチャン・グンソクの写真には彼のサインがプリントされており、チャン・グンソクの日本での人気が伺える。

これを見たネットユーザーらは「韓流スターチャン・グンソクの人気を再び証明しましたね」「630円だなんて、驚きです!」「韓流を実感した」などの反応を示した。

一方、チャン・グンソクは11月、女優のキム・ハヌルと共演した映画『君はペット』の公開を控えている。

写真=パク・シネのツイッター
オンラインニュースチーム newsteam@tvreport.co.kr
2011-10-13 14:34
TVリポート

ドラマ『オレのこと好きでしょ』、視聴率6.0%と後味の悪い最終回に

[TVリポート パク・ジョンミン記者]MBC TV水木ドラマ『オレのこと好きでしょ』が1ケタの視聴率で幕を閉じた。

19日、視聴率調査会社AGBニールセンメディアリサーチによると、18日に放送された『オレのこと好きでしょ』(イ・ミョンスク脚本、ピョ・ミンス演出)の最終回は全国基準で6.0%の視聴率を出した。

『オレのこと好きでしょ』は放送前から『フルハウス』、『彼らが生きる世界』などを演出したピョ・ミンス プロデューサーの復帰作で、『美男<イケメン>ですね』のパク・シンヘとジョン・ヨンファが共演することでも期待されていた作品だった。

しかし、蓋然性のないストーリーとフラットな展開、ジョン・ヨンファの演技力不足などで平均5~7%の視聴率にとどまるという屈辱を味わった。

『オレのこと好きでしょ』はギュウォン(パク・シンヘ)とイ・シン(ジョン・ヨンファ)が1年ぶりに再会し、お互いの気持ちを確認するキスシーンで終わった。

『オレのこと好きでしょ』の後番組にはチェ・ジウ、ユン・サンヒョン主演の『負けてたまるか』が24日から放送される予定だ。

また、同じ時間帯に放送されたKBS 2TV『姫の男』とSBS TV『ボスを守れ』はそれぞれ19.6%、17.8%の視聴率を出した。

写真=MBC
パク・ジョンミン記者 jsjm@tvreport.co.kr
2011-08-19 08:31
TVリポート

ジョン・ヨンファ、パク・シンヘに「感動」イベント…ロマンチック男子に!

[TVリポート ナム・スンウォン記者]イ・シン(ジョン・ヨンファ)がギタリストの夢を込めた大切なプレゼントで彼女イ・ギュウォン(パク・シンヘ)を感動させた。

MBC TV水木ドラマ『オレのこと好きでしょ』(イ・ミョンスク脚本、ピョ・ミンス演出)14回の予告編ではイ・シンは母と妹のジョンヒョン(ムン・ガヨン)を除いては誰も入ったことのない、女子禁制の空間である自分の部屋で穏やかな雰囲気を作っている「ドゥリカップル」イ・シンとイ・ギュウォンの姿が描かれた。

特にイ・シンの頼もしい誓いとともに、彼がもっとも大切にしていた父親のLPレコードをプレゼントされたイ・ギュウォンの幸せそうな笑顔は「ドゥリカップル」の甘い展開を期待する視聴者の関心を集めた。

偶然、シンの部屋に招待された(?)ギュウォンは、シンの父の古いLPに収録されたギター演奏でさらに深く音楽的に共感する。毎回、名場面を作り出し、「見る者を幸せにするカップル」という意味で二人は「ドゥリカップル」と呼ばれているが、二人を応援してきた視聴者に、また新たなロマンチックシーンが捧げられることになる。

また、100周年公演を成功のうちに終えたシンとギュウォンは、国楽とバンドが融合したフュージョンアルバム制作の提案を受けるが、ギュウォンの祖父イ・ドンジン(シン・グ)の反対で、アルバムに参加することを諦めなければならない状況になる。ドラマ『オレのこと好きでしょ』の第14回は17日の午後9時55分から放送される。

写真=ワイツリーメディア
ナム・スンウォン記者 qqq7740@tvreport.co.kr
2011-08-17 13:56
TVリポート

『オレのことスキでしょ』ジョン・ヨンファ、パク・シンヘだけのためのミニコンサート

[TVリポート]ジョン・ヨンファがパク・シンヘだけのためのミニコンサートを開く。

10日に放送されるMBC TV 『オレのことスキでしょ』(イ・ミョンスク脚本、ピョ・ミンス演出)で、イ・シン(ジョン・ヨンファ)は危機的状況に置かれたイ・キュウォン(パク・シンヘ)のそばで、頼りがいのあるボーイフレンドとして深い思いやりを見せる。そんな中でイ・シンはキュウォンだけのためのコンサートを開き、皆が羨むほどのサプライズセレナーデを繰り広げ、疲れはてたキュウォンの心を癒す。

今回のミニコンサートを通じて公開されるジョン・ヨンファの「癒しソング」は劇中イ・シンとキュウォンが互いの心を確認した告白歌の『Lucky』で、『オレのことスキでしょ』に続き話題になるものと期待を集めている。

『オレのことスキでしょ』撮影現場の関係者は、「劇中の状況と『イ・シン』のキャラクターに対して深く没入しているジョン・ヨンファの熱演のおかげで、キュウォンだけでなくすべての女性が恋に落ちてしまうほどの素敵な場面が誕生した」として「互いの強固な支えとなり、危機を克服し、大切な夢と愛を守っていくイ・シンとキュウォンの成長ロマンスに大いに期待してほしい」と伝えた。

この日の放送で、身に覚えのない汚名により危機に直面したキム・ソクヒョン(ソン・チャンウィ)は学校から離れる決心をする。そして学科長イム・テジュン(イ・ジョンホン)が公演の総演出家になり、代役のイ・キュウォン(パク・シンヘ)を退出させるなど新しい葛藤をひき起こす。

写真=JSピクチャーズ
オンライン ニュースチーム newsteam@tvreport.co.kr
2011-08-09 13:12
TVリポート

『オレのこと好きでしょ』パク・シンヘ交通事故、大けがはなく近隣病院で治療中

[ソウル新聞NTN カン・ソジョン記者]女優パク・シンヘが交通事故に遭って治療を受けている。

18日午後11時頃、京畿道(キョンギド)城南市(ソンナムシ)寿井区(スジョング)福井洞(プッチョンドン)交差点付近の外郭循環道路出入り口でパク・シンヘのマネージャー、キム氏が運転していたスターレックスバン車両がガードレールに突っ込んだ。

事故でパク・シンヘとマネージャー、コーディネーターなど5人がケガをし、近隣病院に移されて治療を受けているが、大きなケガはないものとわかった。

事故車両は前部が半分程度破損した。警察は運転者キム氏が出口に設置されている分離帯を見過ごして事故が起きたものと見て、正確な事故経緯を調査中だ。

パク・シンヘはMBC水木ミニシリーズ『オレのこと好きでしょ』に出演中だ。

写真=ソウル新聞NTN DB
カン・ソジョン記者 sacredmoon@seoulntn.com
2011-07-19 09:03
ソウル新聞NTN

KBOOM Vol.73

KBOOM Vol.73(2011年9月号)の表紙はチャン・グンソク! 7月21日発売です。 Amazonで買う

◆表紙:チャン・グンソク(撮り下ろし)

◆巻頭特集:チャン・グンソクSPECIAL-全14ページ

専門誌『CRI-J』情報第2弾、未使用カット公開!
日本&韓国イベントレポート!
初写真集発売記念来日記者会見
韓国mobile story concert
映画『君はペット』撮影現場公開

◆ドラマスケッチ/パク・ユチョン

ドラマ『ミス・リプリー』最新ドラマカット&レポート

◆THE BEST NEWS OF THIS MONTH

『オレのこと好きでしょ』会見/ジョン・ヨンファ&パク・シンヘ
キム・ヒョンジュン/SHOW CASE
KARA/ファンミーティング

◆EVENTS in JAPAN

ソン・スンホン/DIAMOND FOR YOU会見
超新星/LIVE TOUR 2011“Pray”
T-ARA
BEAST

◆INTERVIEW

2PM
キム・ジョンフン
MBLAQ
SM☆SH
パク・ジョンミン
パク・ジェボム
チュ・サンウク

◆SHU-I 短期連載

『SHU-I Dictionary』