Tag Archives: パク・ユチョン

『会いたい』新造語「ポクデー」誕生……「水木曜日だけを待っています」

[TVリポート ソン・ヒョジョン記者]MBC水木ミニシリーズ『会いたい』が「ポクデー」という新造語まで作った。

最近『会いたい』公式ホームページをはじめ各種オンラインコミュニティ、SNSなどに『会いたい』が放送される毎週水曜日と木曜日を「ポクデー」(ポゴシプタ+DAY)と称して「本放送を絶対に見る」と叫ぶ熱血視聴者の声が連日続いている。

ネットユーザーは「ついにポクデー! 皆ハンカチを準備しましたか?」「一週間ずっとポクデーだけを待っている!」「ポクデー!(『会いたい』デー)本放送死んでも見る!」「『会いたい』とても悲しい……ポクデーがくるたびに目が蒸し餃子になります」「水木は『会いたい』が真理!」等の多様な反応を見せ、『会いたい』に向けた高い関心を示している。

実際に、視聴率は初回放送後から途絶えることのない上昇曲線を描いてきた。『会いたい』は6日に放送された10話で初めて水木ドラマの王座についた。引き続き12話では11.7%(AGBニールセン集計基準)の自らの最高視聴率を更新して疾走を続けている。

劇中、14年ぶりに再開してお互いの存在を確認したハン・ジョンウ(パク・ユチョン)とイ・スヨン(ジョイ/ユン・ウネ)、そして二人の出会いを快く思わない視線で眺めるカン・ヒョンジュン(ハリー/ユ・スンホ)。3人の男女の避けられない悲しい三角関係が本格的に展開し、感性を刺激している『会いたい』は予想外の展開を繰り返す緊張感あふれるサスペンス要素まで加わり、一時も目を離すことができないストーリー展開となり、「ピルドゥ(※必+ドラマ:必ず見なければならないドラマ)」になっている。

また、「カン・サンドク事件」の真犯人ということが明らかになった清掃担当の女性(キム・ミギョン)の事件の情況が明確にならない中、イ・スヨンを間に置いた2人の男ハン・ジョンウとカン・ヒョンジュンの駆け引きとハン・テジュン(ハン・ジンヒ)に向けたカン・ヒョンジュンの復讐が本格的に展開される『会いたい』 13話に対する視聴者たちの期待が高まっていて、成り行きが注目されている。

MBC水木ミニシリーズ『会いたい』13話は20日夜(木曜日)9時55分に放送された。

写真=イギムプロダクション
ソン・ヒョジョン記者 shj2012@tvreport.co.kr
2012-12-20 12:22
TVリポート

『学校2013』クァク・ジョンウク、イ・ジョンソクの弱みを握り、どこまで揺さぶるのか?

[TVリポート イ・ウイン記者]KBS2月火ドラマ『学校2013』(イ・ヒョンジュ、コ・ジョンウォン脚本、イ・ウンボク演出)でクァク・ジョンウクがイ・ジョンソクの弱みを握り脅迫する。

17日午後10時に放送された『学校2013』5話では、コ・ナムスン(イ・ジョンソク)の過去を暴き始めたオ・ジョンホ(クァク・ジョンウク)が、ナムスンに危険な提案をする。

4話の放送の終わりにフンス(キム・ウビン)の足が不便だという事実を知ったジョンホがフンスの足を打って威嚇を加えると、理性を失ったナムスンが駆け寄ってきて我を忘れて拳を突き出す姿が描かれ、伝説の番長「ツナミ」の正体がフンスではなく、ナムスンであったという事実が明らかになった状況だ。

フンスとナムスンに尋常でない過去があることを察したジョンホが、だんだん深く関与することになり、静かに学校に通おうとする二人が窮地に陥る予定だ。特にジョンホはこれまで、自分におとなしくやられるばかりだったナムスンの、最大の弱点がフンスだということを知り、学校をひっくり返すほどの事件を起こそうとし、ナムスンを困らせる。

『学校2013』のある関係者は「ナムスンとフンスには隠さなければならない過去があり、静かに学校に通おうとしているが、これを悪用しようとするジョンホの終わらない攻撃により不安感を高めている」とし「ジョンホの提案は退学になる危険性があるのでナムスンがどんな選択をすることになるのか見守ってほしい」と付け加えた。

写真=(有)学校文化産業専門会社
イ・ウイン記者 jarrje@tvreport.co.kr
[元記事配信日時] 2012-12-17 15:09
TVリポート

『学校2013』クァク・ジョンウク、イ・ジョンソクの弱みを握り、どこまで揺さぶるのか?

[TVリポート イ・ウイン記者]KBS2月火ドラマ『学校2013』(イ・ヒョンジュ、コ・ジョンウォン脚本、イ・ウンボク演出)でクァク・ジョンウクがイ・ジョンソクの弱みを握り脅迫する。

17日午後10時に放送された『学校2013』5話では、コ・ナムスン(イ・ジョンソク)の過去を暴き始めたオ・ジョンホ(クァク・ジョンウク)が、ナムスンに危険な提案をする。

4話の放送の終わりにフンス(キム・ウビン)の足が不便だという事実を知ったジョンホがフンスの足を打って威嚇を加えると、理性を失ったナムスンが駆け寄ってきて我を忘れて拳を突き出す姿が描かれ、伝説の番長「ツナミ」の正体がフンスではなく、ナムスンであったという事実が明らかになった状況だ。

フンスとナムスンに尋常でない過去があることを察したジョンホが、だんだん深く関与することになり、静かに学校に通おうとする二人が窮地に陥る予定だ。特にジョンホはこれまで、自分におとなしくやられるばかりだったナムスンの、最大の弱点がフンスだということを知り、学校をひっくり返すほどの事件を起こそうとし、ナムスンを困らせる。

『学校2013』のある関係者は「ナムスンとフンスには隠さなければならない過去があり、静かに学校に通おうとしているが、これを悪用しようとするジョンホの終わらない攻撃により不安感を高めている」とし「ジョンホの提案は退学になる危険性があるのでナムスンがどんな選択をすることになるのか見守ってほしい」と付け加えた。

写真=(有)学校文化産業専門会社
イ・ウイン記者 jarrje@tvreport.co.kr
[元記事配信日時] 2012-12-17 15:09
TVリポート

ハン・ジミン、ケミ(ケミストリー)の王女に登坂…「リアルロマンスの神髄」

[TVリポート キム・ミンジ記者]女優のハン・ジミンがケミ(※ケミストリー、誰とでもうまく合うの意)の王女として話題になっている。

最近、ネットコミュニティ掲示板に「ハン・ジミンと相手俳優とのケミ」というタイトルで数枚の写真がアップされた。

写真の中ではハン・ジミンと彼女の相手役を演じた俳優たちの姿が収められている。パク・ユチョン、ソ・ジソブ、チョン・ウソン、オム・テウンと仲よさそうにポーズを取っていて見ている人を羨ましがらせる。

ハン・ジミンは数多くの作品で韓国トップスター俳優たちと息を合わせてきた。童顔と明るいイメージがどんな俳優ともよく似合いケミの女王と呼ばれている。

これを見たネットユーザーは「完全なカップル」「本当にハン・ジミンは誰と共演してもケミが最高」「似合わない俳優がいない」「ワァー皆とお似合い」「いいね」「ハン・ジミン、本当に若く見える」などの反応を見せた。

写真=オンラインコミュニティ
キム・ミンジ記者 minji06@tvreport.co.kr
[元記事配信日時]2012-12-14 14:09
TVリポート

『ソウルドラマアワード2011』シークレット・ガーデンvs成均館スキャンダルの争い、パク・ユチョン笑った

[ソウル新聞NTN イム・ヨンジン記者]『シークレット・ガーデン』は相変わらずの強さで、『成均館スキャンダル』は熱かった。

31日午後5時30分ソウル汝矣島(ヨイド)KBSホールで、俳優リュ・シウォンとハン・コウンの進行で『ソウルドラマアワード2011』の華麗なる幕が上がった。最高の栄誉の大賞は『スリーキングダム』(中国)に渡った。

昨年4月10日から今年4月30日までに初回が放映された韓国ドラマの中で、海外10か国以上または、300万ドル以上で輸出された作品を基準に与えられる韓流ドラマ部門では、ドラマ『シークレット・ガーデン』と『トキメキ☆成均館スキャンダル』が仲良く3冠王に上がった。

「シークレット・ガーデン熱風」を引き起こしてロマンチックコメディ復興期を開いたドラマ『シークレットガーデン』は、韓流ドラマ演出賞(シン・ウチョル監督)、韓流ドラマ作家賞(キム・ウンスク作家)、韓流ドラマ主題歌賞(ペク・ジヨン)を総なめにし、冷めやらぬ人気を証明した。また、時代劇とロマンスの調和で視聴者の心をとらえた『成均館スキャンダル』の主人公、グループJYJのパク・ユチョンは、ネチズン人気賞と韓流ドラマ男優賞を受賞した。『成均館スキャンダル』は韓流ドラマ優秀作品賞にも選ばれた。

『シークレット・ガーデン』と『成均館スキャンダル』の独走の中、ドラマ『メリは外泊中』が善戦した。『メリは外泊中』は韓流ドラマ最優秀作品賞を受賞し、韓流ドラマ女優賞にムン・グニョンを輩出した。

<以下はソウルドラマアワード2011受賞者と受賞作>

●大賞=『スリーキングダム』(中国)
●短編最優秀賞=『Shades of Happiness』(ドイツ)
●短編優秀賞=『When Harvey met Bob』(アイルランド)
●ミニシリーズ最優秀賞=『ルーサー』(英国)
●ミニシリーズ優秀賞=『大地の柱』(ドイツ)

●長編ドラマ最優秀賞=『イン・ザ・ネイム・オブ・オーナー』(ルーマニア)
●長編ドラマ優秀賞=『パシオニ』(ブラジル)

●演出賞=ミゲル・アレクサンドラ(『Shades of Happiness』ドイツ)
●作家賞=エルベルト・エスピノサ『ザ・レッド・バンド・ソサエティー』 (スペイン)
●特別賞=『イーグル・フォー』(アフガニスタン)
●招待作=『Walking Dead』(米国)

●男性演技者賞=チェン・ジェンビン『スリーキングダム』 (中国)
●女性演技者賞=ナ・ムニ『私よお婆さん』 (韓国)

●ネチズン人気賞=パク・ユチョン(韓国) 、 シアオトング・ウェ(中国)、 神木隆之介(日本)、ジェン・マンシュー (台湾)、シャーメイン・シェー(香港)

●韓流ドラマ最優秀作品賞=『メリは外泊中』(韓国)
●韓流ドラマ優秀作品賞=『トキメキ☆成均館スキャンダル』(韓国)

●韓流ドラマ男優賞=パク・ユチョン(韓国)
●韓流ドラマ女優賞=ムン・グニョン(韓国)

●演出賞=シン・ウチョル(韓国)
●韓流ドラマ作家賞=キム・ウンスク(韓国)
●韓流ドラマ主題歌賞= ペク・ジヨン(韓国)

MC リュ・シウォンとハン・コウン


イム・ヨンジン記者 plokm02@seoulntn.com
写真=ソン・ヒョジン記者
2011-08-31 20:54
ソウル新聞NTN

パク・ユチョン、ドラマアワードでネチズン人気賞と韓流俳優賞の「2冠王」

[TVリポート イ・ウイン記者]グループJYJのメンバーで俳優のパク・ユチョンが今年の男性韓流スターに選ばれた。

8月31日午後5時20分、ソウル・ヨイドKBSホールで『ソウルドラマアワード2011』の授賞式が行われ、KBS 2TVドラマ『トキメキ☆成均館スキャンダル』のパク・ユチョンが、チャン・グンソク、ヒョンビン、カン・ジファン、ソン・スンホンなどのそうそうたる候補に勝ち、韓流ドラマ部門俳優賞を受賞した。

彼は「『成均館スキャンダル』で皆さんにたくさん愛されたのに、こんなに賞をたくさんいただくことになって、本当にありがとうございます」「これからもがんばります。最後に、JYJのメンバーに良いチャンスを与えるために努力してくださるファンの皆さんに感謝の気持ちを伝えたいと思います」と感想を述べた。

パク・ユチョンはこの日、ネットユーザーが選んだネチズン人気賞も受賞し、2冠王になった。また、彼の役者デビュー作『トキメキ☆成均館スキャンダル』は韓流ドラマ部門優秀作品賞を授賞し、パク・ユチョンは3冠王になった。

リュ・シウォンとハン・コウンの司会で行われたこの日の授賞式はコン・ヒョンジュン、キム・ミスク、ミン・ヒョリン、ナ・ムニ、パク・シンヘ、ソ・ジヘ、イム・スヒャン、イ・スンギなどが参加した中で盛大に開催された。

イ・ウイン記者 jarrje@tvreport.co.kr
写真=キム・ジェチャン記者 freddie@tvreport.co.kr
2011-08-31 19:17
TVリポート

『ミス・リプリー』のパク・ユチョン、「髪の毛バッサリ」カリスマ+男らしさで反転予告

[ソウル新聞NTN ソン・ジェウン記者] グループJYJのメンバー、パク・ユチョンが髪の毛をバッサリ切った。

パク・ユチョンは先月23日、ソウルの貞陵洞(ジョンルンドン)で行われたMBC月火曜ミニシリーズ『ミス・リプリー』(脚本キム・ソニョン、演出チェ・イソプ)撮影現場に、短いショートカットのダンディーなヘアスタイルで現れた。

パク・ユチョンが演じる世界的リゾートグループの後継者であるソン・ユチョンは、持ち前の優しいカリスマを発揮しているが、新しいヘアスタイルでこれまでは見られなかった強い男の一面も見せていく予定だ。

この日、パク・ユチョンが短いヘアスタイルで登場すると、撮影現場の雰囲気は一気に盛り上がった。撮影スタッフは「ソン・ユチョンではなく、ミッキー・ユチョンが戻ってきたようだ」と褒め称えた。「似合う」「また違う感じ」などさまざまな撮影スタッフの反応で、撮影現場が一時騒がしかったというのが撮影関係者からの言葉だ。

パク・ユチョンがヘアスタイルを変えたのは、新しいイメージを表現するために、制作スタッフとの相談の末、決まったことだ。その後、パク・ユチョンとスタイリストがともに悩んだ末、男らしさあふれるショートカットに決め、パク・ユチョンも満足したとか。

制作会社は「ヘアスタイルを変えただけなのに、パク・ユチョンの全体的なイメージがまったく変わってみんな驚いた」とし、「短いヘアスタイルで変わったソン・ユヒョンのイメージと同様、『ミス・リプリー』の内容にも大きな変化がある。11回と12回を楽しみにしてもらいたい」と伝えた。

パク・ユチョンのダンディなヘアスタイルは4日放送の『ミス・リプリー』第11回で公開される。

写真=カーテンコールメディア
ソン・ジェウン記者 jaeni@seoulntn.com
2011-07-03 19:08
ソウル新聞NTN

『ミス・リプリー』イ・ダヘ&パク・ユチョン、4千万ウォンのバイクカップルに

[ソウル新聞NTN カン・ソジョン記者]イ・ダヘとパク・ユチョンがカリスマあふれるバイクカップルに変身した。


イ・ダヘとパク・ユチョンは5月末、ソウルのイテウォン一帯と盤浦(パンポ)大橋で行われたMBC月火ドラマ『ミス・リプリー』(脚本キム・ソニョン、演出チェ・イソプ) 6話分の撮影で、ブラックの革ジャケットとブラックジーンズをそろえて着たワイルドな姿でバイクデートシーンを演じた。

この日の撮影でパク・ユチョンとイ・ダヘはバイクファッションのバイブルとされるブラック革ジャケットをそろって着て、ブラックスキニージーンズとブラックTシャツでクールなバイク・ファッションを完成させた。特にバイクに乗るためにヘルメットをかぶった後は、すぐにでも走り出しそうなプロのライダーのような完璧な変貌を見せて現場を熱くした。

これまでパク・ユチョンは世界随所にリゾートを持っているモンドリゾートグループ財閥の2世として、親切で優雅さあふれるやわらかいイメージを主に発散してきた。だがバイクに乗っている場面を通じて、隠されていた荒々しく迫力あふれる男性美を初めて見せる。

イ・ダヘもまた清純で女性らしい服装で演じてきたこれまでのチャン・ミリのイメージから抜け出して、多少過激なイメージのバイクファッションを演出、パク・ユチョンとともにバイクファッションの神髄を見せた。

イ・ダヘとパク・ユチョンは今回の撮影のために特別に空輸してきた4000万ウォン(約300万円)相当のバイクに乗って、バイクの場面を撮影した。二人はバイクに乗れると浮き立つ心で、始終一貫子どものように明るく笑っていたとのことだ。普段から自動車の運転を楽しむパク・ユチョンはバイクにまたがっているという事実だけでも興奮して、喜んでいる様子だった。

『ミス・リプリー』イ・ダヘ&パク・ユチョン

制作会社側は「パク・ユチョンがこれまで見せてきたやわらかい魅力から、少し脱皮して、劇中見せていなかった濃い男性美を出し始める」として「新たな始まりを予告するように、バイクに乗って疾走するイ・ダヘとパク・ユチョンの姿が、視聴者たちの胸をすっきりさせてくれるだろう。二人が描き出す新しい魅力を期待してほしい」と伝えた。

『ミス・リプリー』は成功のために愛までも偽るなど、嘘のどん底に陥ったチャン・ミリ(イ・ダヘ)が追いこまれる破局と、ホテル経営を間に置いて繰り広げられるチャン・ミョンフン、ソン・ユヒョンの火花散る対決、そしてチャン・ミリとチャン・ミョンフン、ソン・ユヒョンの三角関係がどのような方向に流れていくのか関心を集めている。放送は14日午後9時55分。

『ミス・リプリー』イ・ダヘ&パク・ユチョン

写真=カーテンコール メディア
カン・ソジョン記者 sacredmoon@seoulntn.com
2011-06-14 16:03
ソウル新聞NTN

「リプリー」パク・ユチョン、アラの刺身振る舞う「大スケールの会食」

[TVリポート パク・ジョンミン記者] MBC TV『ミス・リプリー』のパク・ユチョンが「スケールの大きい会食」を行った。

パク・ユチョンは8日、済州道(チェジュド)西帰浦(ソギポ)のある刺身料理店で、連日夜通しの撮影に疲れているスタッフをアラの刺身でねぎらった。

パク・ユチョンは「一緒に働くスタッフたちに申し訳なく思っている」とし、「最高のドラマのために集まったドリームチームだから、励まし合って最後までがんばりたい」と願いを語った。

『ミス・リプリー』制作スタッフはパク・ユチョン・ファンクラブ等を通じて、パク・ユチョン効果をしっかりと感じていたところ、アラの会食まで加わり、喜びを抑えることができなかったとか。

ある制作関係者は「済州道で夜通し強行軍を行っていた制作スタッフにとって、パク・ユチョンのスケールが大きい会食は、士気を高めるのに最高のものだった」と語った。

またパク・ユチョンは済州道での撮影中、多くの観光客を集め、韓流スターであることを立証した。

写真=MBC
パク・ジョンミン記者 jsjm@tvreport.co.kr
2011-06-10 10:41
TVリポート

カン・ヘジョンとユチョン、『ミス・リプリー』でお花屋さんデート。まるでCMのような…

[ソウル新聞NTN ソン・ジェウン記者]女優のカン・ ヘジョンとJYJのユチョンがお花屋さんデートをした。

カン・ ヘジョンとユチョンは先月(5月)3日、京畿道一山(キョンギド・イルサン)で行われたMBCドラマ月火ミニシリーズ『ミス・リプリー』(キム・ソンヨン脚本、チェ・イソプ演出)の撮影で、花を前にCMのような撮影をした。

この日に撮影されたシーンは、ムン・ヒジュ(カン・ヘジョン)がお花屋さんの前で路上に並んだ色とりどりの花を見ながら、憂鬱な気分を振り切り、落ち込んでいた自分を励ますシーン。ちょうど同じ場所を通りかかったソン・ユヒョン(ユチョン)はムン・ヒジュに近寄ってきて「何か面白いものでもありますか?」と優しく声をかける。

そして、ソン・ユヒョンはムン・ヒジュに小さな花の鉢植えを買って渡す。受け取ったムン・ヒジュの顔に明るい笑顔の花が咲く。暖かい春の日差しの中で、二人はお花屋さんデートをしたことになるというわけだ。

ロケの日、のどかな春の天気のおかげで美しいシーンができあがった。晴れた空と穏やかな風が、色とりどりの花と調和しているところで、カン・ヘジョンとユチョンは春をテーマにしたCMのようなシーンを作り出した。

二人は呼吸がぴったり合って親しい雰囲気を作り出していた。お互いに顔を見合わせて笑ったり、休み時間にも親しそうにおしゃべりするなど、微笑ましい情景を見せていた。

制作会社は「ユチョンとカン・ヘジョンはこのドラマが初顔合わせだったが、演技力のある俳優らしく素晴らしい芝居を見せながら、すっかり意気投合している」と述べ、「二人の明るく清潔感のある雰囲気が、ドラマで演じるキャラクターとぴったり合っているばかりか、さらに生き生きとした人物像になった。パク・ユチョンとカン・ヘジョンが繰り広げる、純粋できれいな姿を期待してほしい」と述べた。

カン・ヘジョンとパク・ユチョンの素朴なお花屋さんデートは、7日の第4回で放送される。

PHOTO カーテンコールメディア
ソン・ジェウン記者 jaeni@seoulntn.com
2011-06-03 11:00
ソウル新聞NTN