Tag Archives: ヒョンビン

今年ドラマを飾った「眼球浄化」カップルベスト3(注・ネタバレあり)

この記事の中には、ドラマの結末を明かしている記述が含まれています。『千回のキス』『王女の男』『シークレット・ガーデン』『最高の愛』のカップルがどうなるか、まだ知りたくない方はお読みにならないことをお勧めします。


[TVリポート イ・ウイン記者]今年も例年のように多くのドラマの中でカップルが誕生した。結ばれることのない運命のために涙をのまなければならなかったカップルがいるかと思えば(MBC『千回のキス』)、視聴者の目をさわやかにしてくれたカップル(KBS2『ドリームハイ』)もいた。 生死の境目で胸が痛くなる別れを選ばなければならなかったカップル(KBS2『王女の男』)も忘れることができない。

だが、このように多くのカップル中で視聴者の胸中に深く刻み込まれた「最高のカップル」は片手で数えられる。今年最も輝いていたドラマの中のカップルベスト3を放送局ごとに選んでみた。

◆ SBS『シークレット・ガーデン』キム・ジュウォン、キル・ライム

今年のSBSの最高のカップルは、1月に放映終了した『シークレット・ガーデン』(キム・ウンスク脚本、シン・ウチョル、クォン・ヒョクチャン演出)から出た。キム・ジュウォン(ヒョンビン)、キル・ライム(ハ・ジウォン)カップルがその主人公だ。財閥2世とスタントウーマンのラブファンタジーを描いた『シークレット・ガーデン』は「ジュウォン病」「ライム病」など多様な形の熱風を産み、視聴者に愛された。

ふたりの愛はクールな財閥2世ジュウォンがライムに好奇心を持つことにより始まった。その後彼は両親も財産も美貌も、なにひとつまともに持っていないのに、いつも堂々としていて正直なライムが好きになる。魂の入れ替わりは、ふたりがお互いのことを自分のことのように理解させ、ふたりは愛しあうことになった。

ジュウォンとライムは家の反対を乗り越えて、結婚してゴールインし、子どもももうけて胸に抱いた。ふたりのバブルキスも話題となった。

◆ MBC『最高の愛』トク・コジン、ク・エジョン

MBCは『最高の愛』(ホン・ジョンウン、ホン・ミラン脚本、パク・ホンギュン演出)のトク・コジン(チャ・スンウォン)、ク・エジョン(コン・ヒョジン)カップルが断然圧巻だった。誰も異議を唱えられないくらい愛らしく温かいカップルだった。

5月から放送された『最高の愛』は「トク・コジン熱風」を産んで爆発的な人気を呼んだ。自己中心的なトップスターのトク・コジンが、旬が過ぎたガールズグループメンバーのク・エジョンに心臓がドキドキする初恋に陥るという素材からして新鮮だった。特にコン・ヒョジンの前に立つと、好きでどうしていいかわからないチャ・スンウォンのコミカルな演技が女性視聴者をうまく攻略した。

ふたりもやはり視聴者の予想を越えて結婚してゴールイン、子どもも生まれた。チャ・スンウォンはこのドラマで何と40億ウォン売り上げをあげた広告モデルになって第2の全盛期をむかえた。

◆ KBS『王女の男』パク・シフ、ムン・チェウォン

10月に放送が終了した『王女の男』(チュ・ジョンジュ、キム・ウク脚本、キム・ジョンミン、パク・ヒョンソク演出)のキム・スンユ(パク・シフ)とイ・セリョン(ムン・チェウォン)カップルは終始一貫、真剣で切なかった。これはコミカルさと真剣さをうまく混ぜ合わせた『シークレット・ガーデン』や『最高の愛』のカップルと異なる大きな部分だ。

恨みを持つ家の男女がお互いの正体を知らないまま恋に陥るが、過去の因縁を知ることになり、ふたりが感じる混乱と苦痛は多くの視聴者を切なくさせた。時代的な背景がかみ合わさり、周囲の大切な人物が犠牲になる過程はスンユとセリョンのカップルの愛をさらに断崖絶壁に追い詰めた。

ふたりの運命は最終回が公開されるまで誰も簡単に予測することができなかった。生死の別れ目で結局ハッピーエンドを迎えたふたりは、視聴者の胸に長い余韻を残した。

イ・ウイン記者 jarrje@tvreport.co.kr
2011-12-15 07:28
TVリポート

【フォト】ロッテ免税店、チャン・グンソク、JYJなど韓流スターのカレンダー製作

【フォト】ロッテ免税店、チャン・グンソク、JYJなど韓流スターのカレンダー製作

[TVリポート]俳優チャン・グンソクやグループJYJの写真が入った、ロッテ免税店カレンダーの画像が公開された。

ロッテ免税店は、そのモデルとして活動している韓流スターの写真が入った2012年「スターアベニューカレンダー」を製作した。

今回のカレンダーの写真には、チェ・ジウ、ソン・スンホン、ヒョンビン、JYJ(ジェジュン、ユチョン、ジュンス)、キム・ヒョンジュン、チャン・グンソク、BIGBANG(G-DRAGON、SOL、T.O.P、D-LITE、V.I)、2PM(ジュンス、ニックン、テギョン、ウヨン、ジュノ、チャンソン)、キム・サランなど、ロッテ免税店のモデルとして現在活動中の韓流スターたちが大勢参加した。

カレンダーは、韓国語、中国語、日本語の3か国語で製作され、韓国語版デスクトップは、国内(韓国)の顧客に贈呈する。中国語および日本語版はデスクトップや壁掛け用が製作され、外国人客に提供する。

写真=ロッテ免税店
オンラインニュースチーム newsteam@tvreport.co.kr
2011-12-06 17:25
TVリポート

≪関連情報≫

★ロッテ免税店 2012年「スターアベニューカレンダー」進呈!

http://jp.lottedfs.com/benefit/release.php?seq=227

プレゼントがなくなるまでの先着順。300米ドル以上購入で卓上用、500米ドル以上購入で壁掛け用がもらえるとのこと。インターネット店を除く全店が対象。

海兵隊のヒョンビン、ソウル収復記念マラソン大会に参加…大変な混雑

[ソウル新聞NTN]海兵隊に現役服務中のヒョンビン(本名キム・テピョン)が、海兵隊司令部とスポーツソウルが主催し、国防部が後援する『第3回ソウル収復記念マラソン大会』で、模範将兵たちと一緒にマラソンを走った。

25日午前、ソウル汝矣島の漢江市民公園で開かれた『第3回ソウル収復記念マラソン大会』は、1950年9月28日、ソウル奪還の感激を再び思い出す意味で行われた官民軍合同の思い出のレースで、フルコースとハーフコース、9.28kmのコース、6.25kmのコースの4部門で行われた。

今回のイベントでヒョンビンは、取材陣と関係者、ファンに囲まれて相変わらずの人気を感じさせており、約3000人の一般人、400人の海兵隊将兵、関係者が参加して大変な混雑となった。

ヒョンビンは、ナ・ギョンウォン ハンナラ党議員と出発の合図である祝砲を撃った。その後、部隊長が推薦した模範将兵として大会に参加し、6.25kmのハーフコースを走った。特に、マラソン大会の25日はヒョンビンの誕生日と重なっているため、集まった国内外のファンは遠くからお祝いのメッセージを送るなどしていた。

また、海兵隊出身のアーティストのチョン・ソグォン、キム・フングクなどが現場に参加し、将兵たちを応援した。

この日の参加者は、ジョン・サンテ スポーツソウル社長、ユ・ナクジュン海兵隊司令官、シン・ハクヨン民主党議員、ジョン・ミギョン ハンナラ党議員、カン・ソクホ ハンナラ党議員、ナ・ギョンウォン ハンナラ党議員、ホ・ジョンム2010年W杯サッカー国家代表監督、チョン・ビョングク ハンナラ党議員、キム・ジェユン議員、キム・インシク海兵隊戦友会中央会総裁、ガン・ソンチョン ハンナラ党議員、ジェローム・ドリスコル在米海兵隊副司令官、イ・ホヨン合同参謀戦費態勢室長、クォン・オガプ現代オイルバンク社長、ジョン・ドボン元海兵隊司令官など。

写真=ソン・ヒョジン記者
ニュースチーム ntn@seoulntn.com
2011-09-25 13:31
ソウル新聞NTN

ヒョンビン、29日ペクリョン島へ、仁川港にファンの問い合わせ「暴走」

[TVリポート チャン・ヨンジュン記者]俳優ヒョンビン(29、本名キム・テピョン)が29日に軍服務のためにペクリョン島に入るという便りが伝えられ、当日多くのファンが仁川(インチョン)沿岸埠頭に集まるものと見られている。

所属事務所側によればヒョンビンは27日午後4泊5日の初めての休暇を終えて仁川に復帰し、29日ペクリョン島海兵6旅団に移動する。

これにより、多くのファンが旅客ターミナルに電話をし、ヒョンビンが船に乗る時間を尋ねるなどしており、問い合わせ電話が殺到しているとわかった。また足の早いヒョンビンのファンはすでに日程を把握し、当日ペクリョン島行きの船便を購入したとのことだ。

一部の仁川住民たちはヒョンビンのペクリョン島部隊配置を喜びながら、内心「ヒョンビン特需」を期待している様子だ。特にペクリョン島住民はヒョンビンの部隊配置により観光客が増えると期待している。

一方仁川港旅客ターミナル(IPPT)と仁川港湾公社(IPA)によればヒョンビンは29日午前8時50分仁川市中区(チュング)ハンドン沿岸旅客ターミナルで旅客船マリンブリッジ号に乗ってペクリョン島に出発する予定だ。

旅客ターミナル側はヒョンビンの旅客船乗船のために、別途の通路を用意する予定だと明らかにした。 またIPAではツイッター(@PORTINCHEON)とブログ( http//blog.naver.com/portincheon )を通じてヒョンビン関連の便りをリアルタイムで公開する予定だ。

写真=TVリポートDB
チャン・ヨンジュン記者 jjuny54@tvreport.co.kr
2011-04-27 11:23
TVリポート

ヒョンビンのドキュメンタリー予告篇が話題「訓練兵キム・テピョン、服務中異常なし」

[ソウル新聞NTN]海兵隊服務中のヒョンビン(本名キム・テピョン)のドキュメンタリー予告篇が公開された。

KTVと国軍放送KFN、KBSの合作で制作されたヒョンビンのドキュメンタリー『大韓民国海兵1137期、その男の選択』を通じてヒョンビンの「克己週」の訓練過程が公開される予定だ。

海兵訓練の結晶体とも言える5週目の克己週訓練は、その悪名が鳴り響くほどつらく厳しいことで定評がある。ヒョンビンはドキュメンタリーで、彼が属している海兵隊1137期訓練兵と共に、各個訓練と侵入戦闘訓練、武装行軍など、真の海兵隊員として生まれ変わるための訓練を受けることになる。

俳優ヒョンビンの名前をしばらく下ろしたキム・テピョン訓練兵はドキュメンタリーで「克己週の中でも侵入戦闘訓練が最も大変だったため、最も記憶に強く残っている」として「同期たちと共に大変な訓練を受けて苦労と喜びを分かち合っている」と伝えた。

続けて「精神的にも身体的にも、さらに強くなりたくて入ることにした」とし、海兵隊志願理由をもう一度思い出して「今も少しずつ変わっているだけに、今後も着実に服務してさらに強くなりたい」と覚悟を付け加えた。

ヒョンビンのドキュメンタリーは、穏やかで安楽な生活を拒み、自ら海兵隊生活を選択した若者たちの覇気と、克己週の訓練を集中的に照らし出す予定だ。彼らの強い戦友愛と熱い情熱を持った堂々とした海兵に成長するまでの過程も密着取材する。

ヒョンビンのドキュメンタリーは27日夜10時30分KTVを通じて公開される。

写真=『大韓民国海兵1137期、その男の選択』予告篇キャプチャー
チョン・ソル記者 legend@seoulntn.com
2011-04-24 20:45
ソウル新聞NTN

KBOOM Vol.69

KBOOM Vol.69(2011年5月号)の表紙はヒョンビン!

◆表紙:ヒョンビン

◆巻頭グラビア:JYJ

エッセイ集写真+NIIコマーシャル写真

◆特別企画:チャン・グンソク(全12ページ)

チャン・グンソク専門雑誌『CRI J』創刊直前の予告編でメイキングカット掲載!
茨城空港での1日
韓国でのファンミーティング
「Lounge H」イベントレポート

◆特別レポート1:ジュンス(全8ページ)

ミュージカルの現場から

◆特別レポート2:BIGBANG(全6ページ)

最新アルバムinterview

◆Cover Story:ヒョンビン

◆ドラマInterview

  1. ハ・ジウォン(シークレット・ガーデン)
  2. イ・ジョンソク(シークレット・ガーデン)
  3. パク・ユファン
  4. パク・シニャン
  5. チョン・ジョンミョン
  6. チャンヒョク

◆レポート他

IU / SHU-I / 2AM / MBLAQ / キム・ジョンフン / パク・ジョンミン / キム・ジェウォン / チャン・ドンゴン / パク・ヘジン

ヒョンビン今年の収入公開、広告6件で2ヶ月ぶりに40億ウォン以上

[ソウル新聞NTN] 俳優ヒョンビンの今年の収益が公開された。

28日MBCの『気分がいい日-芸能プラス』ではスターの「あっと驚く広告ギャラ」を公開した。

2011年春の広告を独り占めしている男性スターは、俳優チャン・ドンゴン、ウォンビン、歌手イ・スンギといったそうそうたる広告スターを差し置いてヒョンビンが1位となった。

ヒョンビンは2011年、わずか2ヶ月で6つの広告契約を結び、40億ウォン(約3億円)以上の収益を上げた。

この番組によると、女優イ・ヨンエの広告出演料は12億ウォンで、現在活動している広告モデルの中で1位となった。また、女優コ・ヒョンジョンは10億ウォン、コ・ソヨンとイ・ミヨンは7億ウォン、キム・ナムジュ、キム・ヒエ、チャン・ミヒは6億ウォンであることが明らかになった。

なお、この日の『気分がいい日』では女優コ・ソヨンとイ・ヨンエの出産、歌手のチョ・ソンモと所属会社間の紛争、バンド「プファル」(復活)のリーダー、キム・テウォンの胃がん判定などが放送された。

写真 = MBC『気分がいい日』放送画面キャプチャ
イ・ボヒ記者 boh2@seoulntn.com
2011-02-28 11:54
ソウル新聞NTN

KBOOM Vol.68

KBOOM Vol.68 (2011年4月号)の表紙はチャン・グンソク!

◆表紙・裏表紙:チャン・グンソク

◆KBOOM独占!! Special Interview Story

チャン・グンソク

◆最新レポート

ジュンス:『天国の涙』ミュージカル現場大公開!
JYJ:ロボット大会広報大使任命式
チャンミン:初出演ドラマ『パラダイス牧場』製作発表会
Rain:『“ADIEU 2010 with RAIN”年末コンサート』の模様をお届け
SHINee&少女時代&U-KISS&超新星 近況レポート

◆KEYPERSON’s Interview

MBLAQ / IU(アイユー) / G.NA / Joo / SHU-I / SM☆SH

◆話題の作品スペシャル

ソン・スンホン『マイ・プリンセス』 / ヒョンビン『愛してる、愛してない』 / アテナ撮影現場大公開

◆Live report from Korea

ソウル歌謡大賞
アイドル陸上選手権大会

◆Topics

ZE:A / ウォンビン / イ・ビョンホン

◆大人気連載

『次の駅はSHU-Iです』Vol.09

KBOOM Vol.67

KBOOM Vol.67 (2011年3月号)の表紙はJYJ!

◆表紙・裏表紙:JYJ

◆KBOOM Special Interview Story

JYJ

◆Special Interview

キム・ジュンス(JYJ) / G-DRAGON & TOP(BIGBANG)

◆最新レポート

チャン・グンソク:ファンサイン会の模様をお届け!
BEAST:2010年12月12日に韓国で行われた、初の単独コンサートに大密着

◆Live Report from Korea

韓国3大放送局KBS、MBC、SBSで年末に行われた演技大賞、歌謡祭の模様を大特集! さらにMelon Music awardやGolden disk 大賞、韓中歌謡祭のイベントレポートもお届け

◆2011年 この作品 日本でも大ヒット間違いなし!!

ヒョンビン、ハ・ジウォン:韓国で大ヒット放送中のドラマ『シークレットガーデン』の製作現場を大公開
ペ・ヨンジュン、2PMテギョン&ウヨン『ドリーム・ハイ』製作発表会
BIGBANG D-LITEアニメーション声優に挑戦! 製作報告会
コン・ユ ハグデーイベント
SUPER JUNIORソンミンドラマ『プレジデント』製作発表会
ヨンセン・キュジョン(SS501)ファンミーティング in Seoul

◆Topics

超新星:公開記者会見の模様をお届け
パク・ジョンミン:ファースト写真集発売記念サイン会

◆大人気連載

『次の駅はSHU-Iです』

◆Pick up Interview

T-MAX

◆イベントレポート

SHU-I / 4Minute / コン・ユ / ERIC / U-KISS / F.CUZ / SEOUL TRAIN / キム・ジョングク