Tag Archives: ユン・ウネ

『会いたい』新造語「ポクデー」誕生……「水木曜日だけを待っています」

[TVリポート ソン・ヒョジョン記者]MBC水木ミニシリーズ『会いたい』が「ポクデー」という新造語まで作った。

最近『会いたい』公式ホームページをはじめ各種オンラインコミュニティ、SNSなどに『会いたい』が放送される毎週水曜日と木曜日を「ポクデー」(ポゴシプタ+DAY)と称して「本放送を絶対に見る」と叫ぶ熱血視聴者の声が連日続いている。

ネットユーザーは「ついにポクデー! 皆ハンカチを準備しましたか?」「一週間ずっとポクデーだけを待っている!」「ポクデー!(『会いたい』デー)本放送死んでも見る!」「『会いたい』とても悲しい……ポクデーがくるたびに目が蒸し餃子になります」「水木は『会いたい』が真理!」等の多様な反応を見せ、『会いたい』に向けた高い関心を示している。

実際に、視聴率は初回放送後から途絶えることのない上昇曲線を描いてきた。『会いたい』は6日に放送された10話で初めて水木ドラマの王座についた。引き続き12話では11.7%(AGBニールセン集計基準)の自らの最高視聴率を更新して疾走を続けている。

劇中、14年ぶりに再開してお互いの存在を確認したハン・ジョンウ(パク・ユチョン)とイ・スヨン(ジョイ/ユン・ウネ)、そして二人の出会いを快く思わない視線で眺めるカン・ヒョンジュン(ハリー/ユ・スンホ)。3人の男女の避けられない悲しい三角関係が本格的に展開し、感性を刺激している『会いたい』は予想外の展開を繰り返す緊張感あふれるサスペンス要素まで加わり、一時も目を離すことができないストーリー展開となり、「ピルドゥ(※必+ドラマ:必ず見なければならないドラマ)」になっている。

また、「カン・サンドク事件」の真犯人ということが明らかになった清掃担当の女性(キム・ミギョン)の事件の情況が明確にならない中、イ・スヨンを間に置いた2人の男ハン・ジョンウとカン・ヒョンジュンの駆け引きとハン・テジュン(ハン・ジンヒ)に向けたカン・ヒョンジュンの復讐が本格的に展開される『会いたい』 13話に対する視聴者たちの期待が高まっていて、成り行きが注目されている。

MBC水木ミニシリーズ『会いたい』13話は20日夜(木曜日)9時55分に放送された。

写真=イギムプロダクション
ソン・ヒョジョン記者 shj2012@tvreport.co.kr
2012-12-20 12:22
TVリポート

『学校2013』クァク・ジョンウク、イ・ジョンソクの弱みを握り、どこまで揺さぶるのか?

[TVリポート イ・ウイン記者]KBS2月火ドラマ『学校2013』(イ・ヒョンジュ、コ・ジョンウォン脚本、イ・ウンボク演出)でクァク・ジョンウクがイ・ジョンソクの弱みを握り脅迫する。

17日午後10時に放送された『学校2013』5話では、コ・ナムスン(イ・ジョンソク)の過去を暴き始めたオ・ジョンホ(クァク・ジョンウク)が、ナムスンに危険な提案をする。

4話の放送の終わりにフンス(キム・ウビン)の足が不便だという事実を知ったジョンホがフンスの足を打って威嚇を加えると、理性を失ったナムスンが駆け寄ってきて我を忘れて拳を突き出す姿が描かれ、伝説の番長「ツナミ」の正体がフンスではなく、ナムスンであったという事実が明らかになった状況だ。

フンスとナムスンに尋常でない過去があることを察したジョンホが、だんだん深く関与することになり、静かに学校に通おうとする二人が窮地に陥る予定だ。特にジョンホはこれまで、自分におとなしくやられるばかりだったナムスンの、最大の弱点がフンスだということを知り、学校をひっくり返すほどの事件を起こそうとし、ナムスンを困らせる。

『学校2013』のある関係者は「ナムスンとフンスには隠さなければならない過去があり、静かに学校に通おうとしているが、これを悪用しようとするジョンホの終わらない攻撃により不安感を高めている」とし「ジョンホの提案は退学になる危険性があるのでナムスンがどんな選択をすることになるのか見守ってほしい」と付け加えた。

写真=(有)学校文化産業専門会社
イ・ウイン記者 jarrje@tvreport.co.kr
[元記事配信日時] 2012-12-17 15:09
TVリポート

『会いたい』ユン・ウネ「ユ・スンホとの恋愛、罪悪感を覚える」

[TVリポート キム・ジヒョン記者]女優ユン・ウネがユ・スンホと撮った6年前の写真を見た後、罪悪感を覚えると語った。

ユン・ウネは17日午後、京畿道の楊州文化村で開かれたMBC水木ドラマ『会いたい』(脚本ムン・ヒジョン、演出イ・ジェドン)の記者懇談会で、9歳若いユ・スンホと息を合わせることへの感想を伝えた。

この日ユン・ウネは「この前インターネットでユ・スンホと私がある授賞式会場で一緒にいる姿が記事になったのを見ました」とし「6年前の姿を収めたものですが、衝撃を受けました」と伝えた。

続けてユン・ウネは「その写真を見なければよかったです。その後でスンホを見るたびに罪悪感を覚えて感情移入ができません」として「月日が過ぎるのが本当に早いという気がしました」と話して笑いを呼んだ。

また『会いたい』は15歳の辛い初恋の記憶を抱いて暮らしていく二人の男女の隠れんぼうのような愛の物語を描いた恋愛ドラマ。俳優パク・ユチョン、ユン・ウネ、ユ・スンホなどが出演中だ。

ユン・ウネは幼い時に性暴行に遭い、その後米国に渡り名前と顔を変えて、再び初恋の人のジョンウ(パク・ユチョン)を探す、ファッションデザイナーのイ・スヨン役を演じる。

写真=TVリポートDB
キム・ジヒョン記者 mooa@tvreport.co.kr
[元記事配信日時] 2012-12-18 09:52
TVリポート

『学校2013』クァク・ジョンウク、イ・ジョンソクの弱みを握り、どこまで揺さぶるのか?

[TVリポート イ・ウイン記者]KBS2月火ドラマ『学校2013』(イ・ヒョンジュ、コ・ジョンウォン脚本、イ・ウンボク演出)でクァク・ジョンウクがイ・ジョンソクの弱みを握り脅迫する。

17日午後10時に放送された『学校2013』5話では、コ・ナムスン(イ・ジョンソク)の過去を暴き始めたオ・ジョンホ(クァク・ジョンウク)が、ナムスンに危険な提案をする。

4話の放送の終わりにフンス(キム・ウビン)の足が不便だという事実を知ったジョンホがフンスの足を打って威嚇を加えると、理性を失ったナムスンが駆け寄ってきて我を忘れて拳を突き出す姿が描かれ、伝説の番長「ツナミ」の正体がフンスではなく、ナムスンであったという事実が明らかになった状況だ。

フンスとナムスンに尋常でない過去があることを察したジョンホが、だんだん深く関与することになり、静かに学校に通おうとする二人が窮地に陥る予定だ。特にジョンホはこれまで、自分におとなしくやられるばかりだったナムスンの、最大の弱点がフンスだということを知り、学校をひっくり返すほどの事件を起こそうとし、ナムスンを困らせる。

『学校2013』のある関係者は「ナムスンとフンスには隠さなければならない過去があり、静かに学校に通おうとしているが、これを悪用しようとするジョンホの終わらない攻撃により不安感を高めている」とし「ジョンホの提案は退学になる危険性があるのでナムスンがどんな選択をすることになるのか見守ってほしい」と付け加えた。

写真=(有)学校文化産業専門会社
イ・ウイン記者 jarrje@tvreport.co.kr
[元記事配信日時] 2012-12-17 15:09
TVリポート

『乱暴なロマンス』制作会社、イ・ドンウク、ユン・ウネへの出演オファーについて「事実無根」

[TVリポート チョ・シニョン記者]イ・ドンウクとユン・ウネが『乱暴なロマンス』の主人公候補に上がったという一部の報道について、制作会社側は「事実無根」と明らかにした。

2日、『乱暴なロマンス』制作会社GNGプロダクション関係者は「まだ決定された事項はないが、考えもしなかった俳優が有力候補だという記事に驚いた。考えている俳優はイ・ドンウク、ユン・ウネではなく、まったく違う俳優だ」と、初めて聞いたという態度を見せた。

この日、あるメディアは複数の放送関係者の話を引用して、現在放映中のKBS 2TV『栄光のジェイン』の後続となる『乱暴なロマンス』の有力な主人公として、イ・ドンウクとユン・ウネが上がっていると報道した。

「事実無根」という反応を見せたのは制作会社側だけでなく、該当記事に上げられた女優ユン・ウネまでこれを全面否認した。

ユン・ウネはこの日、ツイッターで「私が候補に上がったそうですね。記事を見てそのような作品があるのを知りました。かえって私がきまり悪いですね。ああ、だまされないでください」と、ドラマキャスティング説に対して直接否定した。

『乱暴なロマンス』は『恋愛時代』のパク・ヨンソン作家と『噂のチル姫』のペ・ギョンス演出家の出会いで話題になった作品で、野球選手の主人公と柔道選手出身警護員のヒロインの愛の物語が描かれる予定だ。

写真=TVリポートDB
チョ・シニョン記者 soso@tvreport.co.kr
2011-11-02 14:50
TVリポート