Tag Archives: 東方神起

キム・ヘスと東方神起、極秘裏に三者対面、なぜ?

[ソウル新聞NTN チェ・ヒョンジュ記者]最高のトップスター、キム・ヘスと東方神起が最近極秘裏に会い、注目されている。

一人だけでもスクリーンとステージで圧倒的な存在感を見せる強烈なカリスマ性を持った彼らが、3人も一緒に集まった席はまさに華麗だった。登場するだけでも話題になる彼らの遭遇は非公開で、当日午前に初めての対面をした後、明け方まで約12時間続けて多くの話を交わしたと伝えられた。

今回のキム・ヘスと東方神起の出会いは、ほかでもなくミシャ化粧品の広告を撮影するためであった。初めての出会いにもかかわらず、キム・ヘスと東方神起は互いに賞賛を惜しまず、芸能界の先輩、後輩として和気あいあいとした雰囲気を演出した。

シーンごとに異なるイメージを演出してドラマチックな演技を披露したキム・ヘスと東方神起は、映画撮影や海外公演など忙しいスケジュールの中でも疲れたそぶり一つなく、撮影内容を几帳面にモニタリングしてトップスターにふさわしいプロフェッショナルな様子を見せた。

それぞれ個性がはっきりとしたキム・ヘスと東方神起だが、広告コンセプトに合わせて互いの魅力をうまく調整しながら撮影をリードしていったという。現場ではまるで一編の映画を見るようだと、スタッフの感歎と拍手喝采を受けた。

カリスマの代表格の「キム・ヘスと東方神起がともに出演する広告は、いったいどんなものなのだろうか」という好奇心とともに、ミシャのオンラインサイトのビューティーネットに問い合わせが絶えないほど、すでに大いなる関心が集中している。まだ広告に対する詳しい内容は公開されていないが、3人のトップスターが起用されただけに、2011年下半期を代表する広告が登場すると期待を集めている。この広告は9月に電撃公開される予定だ。

韓国の化粧品ブランドショップ市場の先頭走者『ミシャ(MISSHA)』を運営中のAble C&Cは、今までのモデルのキム・ヘス、イ・ヘサンに続き、東方神起をモデルとして起用した。ブランド本来の挑戦的で革新的なイメージをより一層表現して、マスティージブランドとしてのポジショニングをより一層強化する予定だ。

チェ・ヒョンジュ記者 chj@seoulntn.com
2011-08-22 12:14
ソウル新聞NTN

東方神起、日本のポータルサイトで今年の「男性有名人」検索ランキング1位に

[TVリポート ピョ・ジェミン記者]東方神起が日本で、今年1年で最も多くの人が検索した男性有名人のランキング1位になった。

東方神起は、日本のポータルサイトMSN Japanが発表した2011年の人気検索語のランキング「検索キーワード 年間ランキング2011」の「男性有名人TOP 50」部門で、日本の人気アーティストを抜いて堂々の1位を占めた。

これとともに、Yahoo! JAPANが1月から10月までの人気検索語を集計した「2011 検索ワードランキング」の男性の人名部門でも、日本の人気グループ嵐に続いて2位に上がった。

東方神起は日本で今年1月に発売したシングル『Why? (Keep Your Head Down)』でオリコンデイリーシングルランキングはもちろん、週間、月間チャートまですべて1位を席巻する気炎を吐いた。

また、9月に発売したアルバム『TONE』も、発売初週の海外男性アーティストの記録として、11年ぶりに20万枚を超える販売高を記録し、オリコン週間アルバムランキング1位を占めるなど、目覚ましい活躍を広げた。

東方神起は7日、フジテレビで放送された日本の年末歌謡祭『2011 FNS歌謡祭』に参加して『Why? (Keep Your Head Down)』の華やかなステージをプレゼントした。

今月30日に開催される『第53回 輝く!日本レコード大賞』では、すでに『優秀作品賞』を受賞して大賞の候補となっている。31日には日本最高権威の年末歌謡祭『紅白歌合戦』に2008年、2009年に続き3回目の出場を控えている。

現在、東方神起はアジア各国を巡回するアジアファンパーティーを開催しており、シンガポールに続いて、9日に中国上海、11日には台湾でファンとの楽しい時間を過ごす予定だ。

写真=SMエンタテインメント
ピョ・ジェミン記者 jmpyo@tvreport.co.kr
2011-12-08 08:45
TVリポート

MUSIC BANK Vol.3

MUSIC BANK Vol.3 (2011年9月号)はKARAの表紙で7月29日発売!
Amazonで買う | KBOOMCLUBで買う

◆表紙・巻頭 / KARA

巻頭インタビュー / KARA

◆MUSIC BANK上半期総決算スペシャル!!

東方神起
CNBLUE
2PM
INFINITE
キム・ヒョンジュン
G.NA / Secret / SISTAR / f(x) / 4Minute / T-ARA 他

◆Special Report / MUSIC BANK IN TOKYO

東方神起 / KARA / 少女時代 / 2PM / BEAST / 4Minite / U-KISS / IU / ペク・ジヨン / Secret / Rainbow / INFINITE / パク・ヒョンビン / RaNia / X-5

◆Comeback Special

キム・ヒョンジュン
2PM
T-ARA

◆IDOL’S STYLE

Secret

◆Best Singer

4MEN

◆Rising Star

N-train / Sunny Hill

◆最新MUSIC BANK-CHART

Come backした2PMが3週連続1位独占!

◆日本のイベントレポート&ニューリリース

BEAST
MTV VIDEO MUSIC AID JAPAN
we love Japan
SM☆SH
Secret
ほか

MUSIC BANK Vol.2

MUSIC BANK Vol.2 (2011年8月号)はBEASTの表紙で6月29日発売!

MUSIC BANKを買ってくれた方の中から抽選で50組100名様に 『K-POP FESTIVAL – MUSIC BANK in TOKYO -』 チケットをプレゼント!!(イベントは終了しました)

◆表紙・巻頭/BEAST(撮り下ろし写真)

巻頭インタビュー/BEAST

◆圧巻のパフォーマンス

東方神起 in 2011 DREAM CONCERT

◆カムバック・スペシャル

FTISLAND

◆密着&インタビュー

ホ・ヨンセン

◆カムバック・インタビュー

パク・ジェボム

◆大注目の新人グループ

X-5(エックスファイブ)

◆実力派ガールズユニットのステージスタイル

SISTAR 19

◆日韓で開催された大規模コンサート

2011 DREAM CONCERT
東京伝説2011

◆伝説の男が帰ってきた!

チャン・ウヒョク

◆最新ステージをランキングとともにプレイバック!

K-CHART & STARS ON STAGE

◆ブレイク必至!のネクストスターたち

RaNia / A PINK / BOYFRIEND

◆日本で開催されたイベント

2PM JAPAN TOUR 2011
東日本大震災支援チャリティーハンマダン・大阪
パク・ジョンミン ミニライブ&ハイタッチ会
MBLAQ 1stファンイベント
超新星LIVE TOUR2011

◆その他

MUSIC BANKのプロデューサーによるコラム
現場スタッフが語る、MUSIC BANK番組撮影の裏側 ほか

ユノ・ユンホ「父が明け方に外出、浮気を疑ったが、実は新聞配達」

[TVリポート イ・ギョンナム記者]東方神起ユノ・ユンホが父に向けた愛と尊敬を伝えた。

14日に放送されたSBS TV『強心臓』でユノ・ユンホは「父の二重生活」という主題でトークを繰り広げた。

この日ユノ・ユンホは、世の中で最も尊敬し、そうありたいと考える人が自分の父だと語り、「正しく責任感がある父のように、私も立派な男になりたい」と敬愛の気持ちを表した。

そして、IMFで大変な時を過ごした中学校時代を思い出し、家族のために身を粉にした父と母について話した。毎日明け方4時に家を出る父を見て、「浮気ではないか」と疑い、証拠を得るために尾行をしたと打ち明けた

ある建物の中に入る父の姿に浮気を確信したユノ・ユンホは「私が入っていくと家庭が壊れるかもしれないから、父が出てくるまで待った」と当時を回想した。だが、父のそばには女性ではなく、多くの新聞があった。実は、家族に隠れて新聞配達をしていたとのこと。

ユノ・ユンホは「父が新聞配達をしていた事実を母も知らずにいた。さらにショックだったのは、母も工場仕事をしていたこと」と語り、「まだ両親は仕事をしている。私が成し遂げた成功の実をただで享受できないと考えている」ともどかしがった。

今年、自分の金で両親にマンションと自動車をプレゼントしたというユノ・ユンホは「常に信じて応援してくれてありがとう。愛している」と語り、家族に対する深い愛情を言葉にし、見る人々に静かな感動を与えた。

また『強心臓 王の中の王戦』のこの日の放送には、2PMジュノ、東方神起ユノ・ユンホ、パク・チョンア、オ・ジョンヘ、チェ・ホンマン、キム・ヒョンジュンなどが出演してトーク対決を繰り広げた。

写真= SBS TV『強心臓』画面キャプチャー
イ・ギョンナム記者 kn0402@tvreport.co.kr
2011-06-15 05:19
TVリポート

KBOOM Vol.72

KBOOM Vol.72(2011年8月号)の表紙はソン・スンホン!
6月21日発売です。

★特報★ KBOOM 購入者の中から抽選で20組40名に 『K-POP FESTIVAL -MUSIC BANK in TOKYO-』 チケットプレゼント!
※応募受付は締め切りました

◆表紙:ソン・スンホン

◆巻頭特集:DREAM CONCERT

スペシャルイベントレポート(30ページ予定)
東方神起 / SHINee / KARA / 2PM / BEAST /
FTISLAND / 4Minute / ほか 豪華出演者

◆チャン・グンソク

専門誌『CRI-J』第2弾 Asia&J 最新カット先行公開!

◆Cover Story:ソン・スンホン

専門誌“KIZUNA”へかけるソン・スンホンの思い…

◆THE BEST OF NEWS THIS MONTH

『GFSC「東日本大震災」被災地支援Charity Campaign 東京伝説2011』
百想芸術大賞
東日本大震災支援チャリティーハンマダン・大阪「がんばろう!日本」

◆次世代演技派俳優物語

パク・ユチョン ドラマ『ミス・リプリー』
イ・ミンホ ドラマ『シティーハンター』

◆Rising Star

ヒョヌ / ZE:A

◆Special Interview

パク・シフ

◆Topics

2PM 1st JAPAN TOUR 2011 “Take off”ライブレポート&日本デビューシングル『Take off』リリース記念ハイタッチ会
キム・ジュンス 第5回 The Musical Awards広報大使委託式
SHU-I GWイベント密着レポート

◆Event Report

MBLAQ/ミュージカル『宮』舞台挨拶/ユ・アイン/パク・ジョンミン/F.CUZ/A PEACE

◆SHU-I 短期連載

『SHU-I Dictionary』

東方ユノ・ユンホ「水球中に水着が脱げ、ヌード神起に」18禁の告白が話題

[TVリポート]東方神起のユノ・ユンホが、水球をしていて水着が脱げ、ヌード神起になるところだったというエピソードを告白して話題になっている。

7日に放送されたSBS TV『強心臓』に出演したユノ・ユンホは、2005年にミュージックビデオ撮影のためボラボラ島に行ったエピソードを公開した。

当時、天の恵みの自然環境を誇るその場所で、メンバーは皆、海水パンツだけはいて、水球を楽しもうとしていた、とエピソードの内容を切り出した。引き続き彼は、しばらく水球に没頭し、情熱的にジャンプなどもして楽しんでいたら、海水パンツがすっかり脱げてしまったと付け加えた。

ユノ・ユンホは「すると突然スタッフが集まってきて、撮影に入ると言った」「私たちはすでに裸の状態だった。女性スタッフまで来ていて、出て行くことができなくて水の中で立っているだけの状況だった」と当時脂汗をかいたエピソードを語った。

そしてユンホは「どうしても『脱げた』と言えなくて、「『僕たちは今、重要な試合をしているから、少しだけ待ってくれ』と言い訳してなんとか収拾がついた」と語り、かろうじて危機を脱したことがわかった。

ユノ・ユンホの話はこれで終わりではなく、メンバーと一緒に背泳ぎをしていたら宿舎がすっかり見えて、新婚夫婦の姿がのぞき見できてしまったと、「ヌード神起」に続き「オンクム(腹黒)神起」のエピソードも告白した。

またこの日の『強心臓』にキム・ヒョンジュンが出演したところでは、所属事務所代表である韓流スターのペ・ヨンジュンがサプライズ電話出演したことも話題を集めた。

写真=SBS放送画面キャプチャー
オンライン ニュースチーム newsteam@tvreport.co.kr
2011-06-08 07:48
TVリポート

MUSIC BANK 創刊号プレゼント+ネット限定プレゼント

MUSIC BANK創刊号のプレゼントコーナー、もう見てくださいましたか?

今月の読者プレゼントは…

東方神起直筆サイン入りポラロイド写真

Rainbow直筆サイン入りポラロイド写真

Rainbow直筆サイン入りポラロイド写真

CNBLUE直筆サイン。左上:ヨンファ、右上:ジョンシン、左下:ミンヒョク、右下:ジョンヒョン、メッセージ「ミュージック バンク創刊おめでとう! これからももっと輝きますように! CNBLUEとともに!」

BRAVE GIRLS直筆サイン。左上から時計回りに、ウニョン、ソヤ、ユジン、イェジン、ヘラン、メッセージ「ミュージック バンク雑誌創刊おめでとう! たくさん見てくださいね!」

Girl’s Day直筆サイン。左上から時計回りに、ジヘ、ユラ、ミナ、ヘリ、ソジン、メッセージ「ミュージック バンク雑誌! 私たちもちゃんと見ます! おめでとう!」

U-Kiss直筆サイン。左上から時計回りに、ドンホ、ケビン、キソプ、AJ、スヒョン、イライ、フン、メッセージ「ミュージック バンク創刊おめでとう! U-Kissが応援します」

ZE:A直筆サイン。左上から時計回りに、ヒチョル、シワン、ヒョンシク、ハ・ミンウ、テホン、ドンジュン、ケビン、グァンヒ、メッセージ「日本のミュージック バンク創刊おめでとう!」

以上は6月27日消印有効ですので、ハガキにプレゼント応募券を貼って、

≪あて先≫
〒101-0021 東京都千代田区外神田3-2-12
Box’R Akiba 6F ガム出版内 MUSIC BANK読者プレゼント係

に送ってくださいね!

さて、お待ちかねの「ネット限定プレゼント」です!

▼4Minuteのみなさんは、日本語でもサインしてくださいました!
メッセージは「ブレイクしてね! ファイト!」

▼K.willさんのインタビューは、KBOOM 7月号に掲載されていますよ!
メッセージは「ミュージック バンク!! 創刊おめでとう!!」

 

▼K.willさんのインタビューは、KBOOM 7月号に掲載されていますよ!
メッセージは「ミュージック バンク!! 創刊おめでとう!!」

▼トニー・アンさん。元H.O.Tメンバーで国民的アイドルだった方ですが、今はプロデューサー、実業家などさまざまな顔を持っています。
メッセージ「MUSIC BANK雑誌 創刊おめでとうございます! たくさん見てくださいね!」

▼8eightのイヒョンさん。最近では『私の中で最高』が長く大きいヒットになりました。
メッセージ「to 月刊ミュージック バンク、言わなくても大ブレイク! ファイト!」

アーティストのみなさま、カムサハムニダ! サランヘヨ!

ご希望の方は、下のフォームに記入して送ってください!
応募締め切りは、6月27日24:00です。(受付は終了いたしました)

応募が受け付けられると自動応答メールが送られます。当選された方には後日、再度メールでご連絡し、送り先などをお尋ねしますので、有効なメールアドレスで、迷惑メール対策をしていても@gam-pub.jpからのメールが受け取れるようにしておいてください。

MUSIC BANK Vol.1

韓国KBS放送が誇る音楽生放送番組<MUSIC BANK>が遂に日本で月刊誌化!
MUSIC BANK Vol.1 (2011年7月号)は5月28日発売です!

K-POPのすべてがわかるグラビア雑誌! 待望の創刊!

韓国KBS放送の音楽番組『MUSIC BANK』(毎週金曜日夕方放送)が、初めて日本で月刊誌として発売されます。『MUSIC BANK』は放送600回を超える伝統ある韓国の音楽番組で、K-POPの今を最も反映している70分の音楽番組です。K-POP全盛の今、リアルタイムのアーティスト情報、独占インタビューなどを、グラビアページを中心に、美しいビジュアルとともにお届けします。加えて楽しい楽屋潜入記事や、密着取材記事も…!

発売日/2011年5月28日(毎月28日発売・日祭日は前日)
雑誌コード/13414(Vol.1/13414-07)(KBOOM別冊)
JANコード/4910134140717
定価/980円(本体933円)
形態/A4判・112頁・オールカラー
発行発売/ガム出版
協力/韓国KBS放送

◆表紙:東方神起(撮り下ろし写真)

◆巻頭インタビュー:東方神起(20ページ)(撮り下ろし写真)

◆Comeback Special

☆インタビュー&オフショット&オンステージ:
CNBLUE(14ページ)
U-Kiss(8ページ+練習風景2ページ)
☆魅力分析&最新フォト
AFTERSCHOOL
f(x)

◆密着パパラッチコーナー(番組収録の1日)

INFINITE(8ページ)

◆新人紹介コーナーRising Star

Rainbow / Girl’s Day / Brave Girls

◆今月のベストシンガ―

キム・テウ

◆ファッション・チェック

ZE:A

◆イベント

MBLAQ / ZE:A / 超新星&パク・ジョンミン / SHU-I

◆日本デビュー

MBLAQ / チャン・グンソク

◆日本リリース

2PM / FTISLAND

◆SPECIAL SHOTほか

MUSIC BANK放映600回特集
K-POP NEWS
MUSICBANKのプロデューサー日記
ほか

『キス&クライ』のユノ・ユンホ、2か月でスケートの実力が爆発的に成長

[TVリポート ソ・ウネ記者]東方神起ユノ・ユンホのスケートの実力が話題となっている。

22日、放送開始されたSBS TV『キム・ヨナのキス&クライ』で、ユノ・ユンホが他の出演者とは一味違うスケーティングの実力を披露し、注目を集めた。

実際、ユノ・ユンホがスケーティングを始めたのは2か月前。ユノ・ユンホは「生まれて初めて高校の時、1度だけやったことがあるが、転んでばかりいたので、それ以来やっていなかった」と明かしたことがある。

その後、再びスケートを始めてユノ・ユンホは「新人時代に戻ったような感覚だったし、思ったより難しかった。想像の中ではジャンプ、ターンをするけれども、氷上では一足進むのも難しかった」と伝えた。

特に、ユノ・ユンホは今回の挑戦をデビュー8年目のターニングポイントだと思っているという。チェガン・チャンミンは「ユノ・ユンホは、やると決めたら粘り強いタイプなので、うまくなると思う」と褒めた。

それだけでなく、ユノ・ユンホは初めての放映で自分にとってのアイドルだと明らかにしていたマイケル・ジャクソンのヒット曲メドレーにあわせ、ゴージャスなアイスダンシングを披露し、見るものを圧倒した。

演出を担当しているキム・ジェヒョクPDは「最初、ユノ・ユンホは苦戦していたが、基本的に根性がある人だ。スケジュールが忙しくて夜12時、午前5時に練習しているが、マネージャーがスケジュールがあるからもうやめようといっても、“もう一回”と言う。彼の誠実さと、努力する姿に惚れた」と話した。

写真=SBS
ソ・ウネ記者 eune@tvreport.co.kr
2011-05-24 11:38
TVリポート