Tag Archives: f(x)

B1A4のシヌ 理想のタイプはf(x)クリスタル 「愛してます」と告白?

[TVリポート チョ・ジヨン記者]B1A4のシヌが f(x)のクリスタルを理想のタイプとして挙げ、好きだと告白した。

14日に放送されたケーブルTV MBC エブリワン『週刊アイドル-今週のアイドル』の新年特集にB1A4が出演し、シヌは理想のタイプを公開し、普段から f(x)クリスタルのファンであると明らかにし、彼女に向かって映像レターを残した。

シヌは「いつかごはんを一度食べに行けたらと思います。ずっと本当にファンでした。愛してます」といって勇気ある告白をし、メンバーたちを慌てさせた。

シヌの告白の後、勇気を得た他のメンバーたちも少女時代のユナ、テヨン、miss Aのスジなどと言い出して、新人らしいいきいきとした心意気を見せてくれた。

これ以外にも「アイドルパート別最終決戦」のコーナーでは各分野に合わせメンバーたちが隠れた才能を発揮してチョン・ヒョンドンの賞賛を受けたりした。

B1A4が出演するMBCエブリワン『週刊アイドル』新人特集は14日午後2次に放送される。.

写真=MBCエブリワン
チョ・ジヨン記者 soulhn1220@tvreport.co.kr
2012-01-13 10:48
TVリポート

f(x)アンバーの実姉の写真公開「アンバーが長髪のカツラをかぶっているのかと…」

[ソウル新聞NTN]ガールズグループf(x)のアンバーの実姉の写真が公開されて話題だ。

最近、あるオンラインコミュニティ掲示板に「アンバーの本当のお姉さん公開。アンバーとそっくりだ」というタイトルで文章と写真がアップされた。

写真の中でアンバーと彼女のお姉さんは、とある衣料売場で肩をくっつけてポーズをとっている。まるで双子のようにそっくりな二人の姉妹の姿がファンたちの注目を集めた。

文をアップしたネットユーザーは「どっちがどっちだろうか? アンバーが長い髪のかつらをつけて写真を撮ったかと思った」として「双子でもないのに、姉妹をこんなにそっくりにするのは難しい。無視できない遺伝子の力だ」と付け加えた。

写真を見たネットユーザーは「双子といわれても信じる」「髪の長いアンバー…」「姉妹よりも姉弟という感じだ」などという反応を見せた。

アンバーは現在、KBS2TV『青春不敗 シーズン2』に出演中だ。

芸能チーム記者 ntn@seoulntn.com
2012-01-11 03:03
ソウル新聞NTN

SHINeeのテミン、f(x)のクリスタルとファンタスティック・カップル? 28日、『ハイキック』で逆襲!

[TVリポート ソン・ヒョジョン記者]SHINeeのテミンが『ハイキック、短い足の逆襲』にサプライズ出演する。
シットコム『ハイキック、短い足の逆襲』第65話でf(x)のクリスタルの彼氏、イ・サンヒョン役で特別出演する。これでテミンは2009年MBCの毎日シットコム『テヒ、へギョ、ジヒョン』以降、2年ぶりにシットコムに出演することになった。

何よりも、テミンとクリスタルが劇中で、カップルを演じることが知られており、視聴者の衆目を集めた。

劇中で彼女と別れたサンヒョン(テミン)は素直でハキハキとしたスジョン(クリスタル)に付き合おうといわれる。少し考える時間がほしいサンヒョンにスジョンは「3秒内に決めて」と迫り、二人は結局カップルとなる。これはすべて携帯電話のメッセージで行われ、二人の関係は急展開する。

カップル宣言をしたサンヒョンとスジョンは、仲のいい恋人のように、一緒にジュースを飲んだり、ペア・リングを買ったりと楽しい時間を過ごす。幸せそうな二人はツーショットの写真も撮り、思いでも作りながら甘いデートを楽しんだ。

今月23日、クリスマスイブの1日前に行われた撮影の現場で、テミンとクリスタルは本物の恋人のようだった。二人ともアイドル歌手で、同じ所属事務所のため、もともと仲がいい。仲睦まじい兄妹のように、二人は恋人役を楽しく演じ、初々しい10代の明るい恋愛ストーリーを描いた。

写真=チョロクべム・メディア
ソン・ヒョジョン インターン記者 shj2012@tvreport.co.kr
2011-12-28 16:00
TVリポート

『人気歌謡』でドンヘ&ウニョク『Oppa, Oppa』にシンドンとアンバーがサプライズ登場「ディスコパーティー」

[TVリポート チェ・ミンジ記者]SUPER JUNIORのドンヘ&ウニョクが楽しいステージを披露した。

25日午後3時40分、IU、KARAのニコルとク・ハラの司会で生放送されたSBS TV『人気歌謡』で、ドンヘ&ウニョクは『Oppa, Oppa(やって来たお兄さん)』のステージを披露した。 同じ所属事務所のf(x)のアンバーが特別出演し、さらに楽しい雰囲気を演出した。

16日に発売されたシングル『Oppa, Oppa』には『Oppa, Oppa』とドンヘのソロ曲『初恋』の2曲が収録されている。

タイトル曲『Oppa, Oppa』はレトロディスコ風の溌刺としたリズムとビートに、愉快な歌詞が引き立つダンス曲で、K-POPが注目されていているこのごろ、どこに行ってもファンが「オッパ(お兄さん)」と叫ぶという内容を歌っている。

この日の『人気歌謡』にはLED Apple、N-SONIC、New.F.O、J-Cera、AA、イ・ジヘ、パク・ヒョンビン、パク・ヨングク&Zelo、Electroboyz、M.I.B、A Pink、BOYFRIEND、T-ARA、Trouble Maker、Wonder Girls、IU、ドンヘ&ウニョク、少女時代などが出演して舞台を飾った。

写真=SBS TV『人気歌謡』スクリーンショット
チェ・ミンジ記者 star@tvreport.co.kr
2011-12-25 16:44
TVリポート

f(x)のクリスタル、『ハイキック3』仁川国際空港で撮影中の姿をキャッチ

[ソウル新聞NTN]ガールズグループf(x)のクリスタルがシットコム『ハイキック3』の撮影に臨んでいる姿が捕らえられた。

最近、ポータルサイトのコミュニティ掲示板に「仁川(インチョン)空港『ハイキック3』撮影現場」というタイトルでクリスタルと俳優のジュリエン・カンの姿をとらえた写真が掲載された。この写真の中でクリスタルは、仁川国際空港でカジュアルなミニスカート姿でホットピンクのトランクを持ち、現場スタッフの指示を受けている。

また、他の写真ではジュリエン・カンとクリスタルが共演している姿が写っており、『ハイキック3』への期待がさらに高まった。

クリスタルの『ハイキック3』撮影現場の写真を見たネットユーザーらは「クリスタルは一生懸命な姿がかわいい」「クリスタルは歌手活動にも、演技にも手を抜かない」、「『ハイキック3』が楽しみ」など、熱い反応を示した。

なお、シーズン1と2の人気を受け継ぐものとみられる『ハイキック3』は、キム・ビョンウク プロデューサーの指揮のもと、120部作で作られる予定だ。最近クランクインした『ハイキック3』は9月19日から放送される。

写真=オンラインコミュニティ
ニュースチーム ntn@seoulntn.com
2011-08-19 13:02
ソウル新聞NTN

MUSIC BANK Vol.3

MUSIC BANK Vol.3 (2011年9月号)はKARAの表紙で7月29日発売!
Amazonで買う | KBOOMCLUBで買う

◆表紙・巻頭 / KARA

巻頭インタビュー / KARA

◆MUSIC BANK上半期総決算スペシャル!!

東方神起
CNBLUE
2PM
INFINITE
キム・ヒョンジュン
G.NA / Secret / SISTAR / f(x) / 4Minute / T-ARA 他

◆Special Report / MUSIC BANK IN TOKYO

東方神起 / KARA / 少女時代 / 2PM / BEAST / 4Minite / U-KISS / IU / ペク・ジヨン / Secret / Rainbow / INFINITE / パク・ヒョンビン / RaNia / X-5

◆Comeback Special

キム・ヒョンジュン
2PM
T-ARA

◆IDOL’S STYLE

Secret

◆Best Singer

4MEN

◆Rising Star

N-train / Sunny Hill

◆最新MUSIC BANK-CHART

Come backした2PMが3週連続1位独占!

◆日本のイベントレポート&ニューリリース

BEAST
MTV VIDEO MUSIC AID JAPAN
we love Japan
SM☆SH
Secret
ほか

f(x)クリスタルの『ハイキック3』出演濃厚、シットコムのスターになるか

[TVリポート]f(x)メンバーのクリスタルがシチュエーションコメディ『ハイキック3』に出演する線が濃厚だと伝えられた。


9月に放送を控えている『ハイキック3』は最近、ラインナップ編成の真最中で、放送関係者の間でクリスタルのシチュエーションコメディ出演が確実視されているという話が伝えられている。だが『ハイキック3』制作会社側やクリスタルの所属事務所側には、確定になる前までは言葉をひかえるという雰囲気がある。

21日午前には俳優パク・ハソンの『ハイキック3』キャスティング確定の情報が伝えられた。 また中堅俳優アン・ネサンとユン・ユソンもやはりシチュエーションコメディ出演を確定し、『ハイキック3』に夫婦として登場する予定だ。

その他にも『ハイキック3』に合流する出演陣として、俳優ユン・ゲサンの名前があがっている。『ハイキック』は先の2編のシリーズでシン・セギョン、ファン・ジョンウム、チェ・ダニエル、ユン・シユン、チョン・イル、キム・ボム、パク・ミニョンなどを輩出して、スター登竜門と認識されている人気シチュエーションコメディ・シリーズだ。

写真= TVリポートDB
オンライン ニュースチーム newsteam@tvreport.co.kr
2011-06-22 03:20
TVリポート

クリスタル『ハイキック3』助演級キャスティング有力

[TVリポート パク・ジョンミン記者]ガールズグループf(x)メンバーのクリスタルの名前が『ハイキック3』最終キャスティングの有力候補に挙がった。

9月放送を目標に準備中のシチュエーションコメディ『ハイキック3』(仮題、キム・ビョンウク演出)の最終キャスティングが仕上げ段階に入った中、クリスタルの出演が有力だと伝えられた。

ある芸能界関係者によればクリスタルとソルリが『ハイキック3』オーディションを受け、その中でクリスタルが有力な助演候補として名前が挙がった。クリスタルはMBC TVのシチュエーションコメディ『見れば見るほど愛嬌満点』を通じて演技を披露したことがある。

これまで『ハイキック』シリーズの『思いっきりハイキック』(2006)と『明日に向かってハイキック』(2009)は連日20%を越える視聴率を記録するなど、多くの視聴者に愛されてきた。

特にチョン・イル、キム・ボム、パク・ミニョン、シン・セギョン、チェ・ダニエル、ユン・シユン、ユ・インナなど新鋭俳優を大挙輩出し、スターの登竜門となった。これにより新鋭のキャスティング競争が水面下で激しく行われている状況だ。

CNBLUEのカン・ミニョクが新鋭候補として挙がっているなか、他に名前が挙がっているのは、はシン・グ、ファン・シネ、ユン・ゲサン、キ・テヨンなどとわかった。

制作会社のチョロクベムメディアは、5月に最終キャスティングを完了して、公式に発表すると明らかにした。

写真=TVリポートDB
パク・ジョンミン記者 jsjm@tvreport.co.kr
2011-06-17 14:37
TVリポート

MUSIC BANK Vol.1

韓国KBS放送が誇る音楽生放送番組<MUSIC BANK>が遂に日本で月刊誌化!
MUSIC BANK Vol.1 (2011年7月号)は5月28日発売です!

K-POPのすべてがわかるグラビア雑誌! 待望の創刊!

韓国KBS放送の音楽番組『MUSIC BANK』(毎週金曜日夕方放送)が、初めて日本で月刊誌として発売されます。『MUSIC BANK』は放送600回を超える伝統ある韓国の音楽番組で、K-POPの今を最も反映している70分の音楽番組です。K-POP全盛の今、リアルタイムのアーティスト情報、独占インタビューなどを、グラビアページを中心に、美しいビジュアルとともにお届けします。加えて楽しい楽屋潜入記事や、密着取材記事も…!

発売日/2011年5月28日(毎月28日発売・日祭日は前日)
雑誌コード/13414(Vol.1/13414-07)(KBOOM別冊)
JANコード/4910134140717
定価/980円(本体933円)
形態/A4判・112頁・オールカラー
発行発売/ガム出版
協力/韓国KBS放送

◆表紙:東方神起(撮り下ろし写真)

◆巻頭インタビュー:東方神起(20ページ)(撮り下ろし写真)

◆Comeback Special

☆インタビュー&オフショット&オンステージ:
CNBLUE(14ページ)
U-Kiss(8ページ+練習風景2ページ)
☆魅力分析&最新フォト
AFTERSCHOOL
f(x)

◆密着パパラッチコーナー(番組収録の1日)

INFINITE(8ページ)

◆新人紹介コーナーRising Star

Rainbow / Girl’s Day / Brave Girls

◆今月のベストシンガ―

キム・テウ

◆ファッション・チェック

ZE:A

◆イベント

MBLAQ / ZE:A / 超新星&パク・ジョンミン / SHU-I

◆日本デビュー

MBLAQ / チャン・グンソク

◆日本リリース

2PM / FTISLAND

◆SPECIAL SHOTほか

MUSIC BANK放映600回特集
K-POP NEWS
MUSICBANKのプロデューサー日記
ほか

【インタビュー】放牧型アイドルf(x)の2次成長期

[TVリポート チョン・ビョングン記者]デビュー1年8か月で、歌謡番組で初の1位をとって1か月にもならないのに、全部で5個のトロフィーを受け取った。あふれるガールズグループの洪水の中で、音楽はもちろん練習方式までも他と違った「放牧型アイドル」f(x)が初のフルアルバムでおさめた成果だ。

『LA chA TA』『Chu~』『NU ABO』と、f(x)はこれまで3度のリード曲活動により他のガールズグループとは差別化された自分たちだけの色を広めた。関数を意味するグループ名らしく、彼女たちの色と魅力を明確に一つに規定することはできない。だが、歌を聞いた時「これはf(x)の音楽」と話すのは、既に難しいことでない。

残念なところがあるとすれば、それまでトップに立つことができなかったという点。「反応が良くないときはなかった」というメンバーの話のように、毎回トップまでほんの一歩が足りなかった。周囲ではその足りない一歩を大衆性だと話す。しかし、f(x)は「大衆性というのは、常に変わるもので、私たちの色が流行になりこともある」という終始一貫した考えで自分たちの音楽を貫いてきた。

そして初めてのフルアルバム『ピノキオ』で、歌謡番組で5回トップに立ち、f(x)の音楽が通じることを証明して見せた。「大衆が望むものを追い求めると、私たちの色を失ってしまいますが、だからと言って、私たちのスタイルにだけ固執することはできません。ですが、私たち自体がもう一つの大衆なのですから、難解すぎるものは自分たちで話し合って排除しようとしました」というのがメンバーの説明だ。

誰かにやらされるからではない。f(x)は自ら感じ取り、集中して進化する。「私たちは決まった時間だけ集中して練習します。デビュー初期からそうしてきました」。ややもすると生意気に聞こえるかも知れない。だが「私たちだけの方法があります。個人の発展のための時間を持つことによって、みんなが集まった時シナジー効果を発揮することができます」。あふれることも、不足することもない確信に満ちた自信だ。

メンバー5人が全員集まった時、シナジー効果は極大化する。だからアンバーの復帰は、単純にメンバーがすべて集まったというだけでは説明が足りない。メンバーが話す「完全体」という単語がアンバーの復帰を説明する最も適切な表現となるわけだ。「最も心を痛めているのはアンバーだと考えて、信じて静かに待った」という話からメンバー間の強い信頼が感じられる。

「米国で治療を受けながら、体力を維持しようとダンススクールに通いました。私が脱退するという噂も聞いたけれど、気にしないでf(x)がどのように活動するのかよく見ていました。メンバーごとに個性あふれる各自の声を、みんな見つけたようで刺激も受けました。休んだぶんだけさらに熱心にやります」というアンバーの話を聞いていると、メンバーの待つ気持ちが無駄にならなかったと感じる。

あとは、「完全体」で帰ってきたf(x)の2次成長を見守ることだけが残った。「大衆音楽は本当にたくさんあるので、個性がなければ、もっといい曲が出てきた時にすぐにファンの脳裏から消えるじゃないですか。私たちは私たちだけの色でゆっくり進んでいきます」。f(x)の明日がさらに期待される理由だ。

チョン・ビョングン記者 oodless@tvreport.co.kr
2011-05-18 11:28
TVリポート