Tag Archives: MBLAQ

ジオ『幽霊』出演でMBLAQユニット活動延期

[TVリポート カン・スンフン記者]ジオとミルが参加するMBLAQのユニット活動が突然延期になった。

MBLAQ側は27日「ジオがドラマ『幽霊』に出演することになり、ミルとのユニット活動に支障をきたすことになった。今後の動きを見なければならないが、ひとまずドラマの後に先送りしなければならないと思われる」と話した。

最近ジオはSBS TV『サンショウウオ導師と影の操作団』に出演し、ほのぼの演技を披露した。ジオはリアルな表情演技とスイートな役割で視聴者をひきつけ、それをきっかけにドラマ『幽霊』に出演することになった。ジオは『幽霊』で特別採用サイバー捜査隊員イ・テギュン役にキャスティングされた。

MBLAQの所属事務所のJ.TUNE CAMPは「すでにタイトル録音まで完了したユニット活動を優先しようとしたが、ドラマを通じてMBLAQの新しい可能性と魅力をお知らせできるという判断の下に、ドラマ出演を決めることになった。MBLAQのユニット活動をファンが楽しみにしていただけに、より一層完成度を高めて今後ファンに披露する計画」と説明した。

またMBLAQは6月30日インドネシアをスタートに初めての単独アジアツアー「THE BLAQ% TOUR」に突入する予定だ。

カン・スンフン記者 tarophine@tvreport.co.kr
2012-04-27 10:11
TVリポート

MBLAQが『Run』振りつけを公開…ジュンの木刀「芸術だ」

[TVリポート カン・スンフン記者]MBLAQが『戦争だ』の後続曲『Run』の振りつけ映像を公開した。

MBLAQは1日、YouTubeチャンネルで『Run』の振りつけ映像を公開した。 映像の中
でMBLAQは、1人がいくつもの体に分離する「分身の術」の振りつけを公開して、ファンの視線を集めている。

特にジュンが木刀を自由自在に振り回して踊る剣舞は、映画の一場面といっても遜色がないほど完璧なパフォーマンスであった。

映像を見たネットユーザーは「MBLAQとロールロール(※分身)たち。これが本当のロールロール(※分身能力)だ。はやく舞台で見たい」、「こんなダンスができるのはやはりMBLAQしかいない」等の反応を見せた。

MBLAQの所属事務所J.Tune Campは、「『Run』はMBLAQの強烈なパフォーマンスのために計画された曲だ。初めから剣舞を想定して作曲編曲作業に力を入れ、まもなく始まるMBLAQアジアツアーで誰よりも強烈で東洋的なパフォーマンスを披露し、海外ファンの視線をひきつける計画」と伝えた。

MBLAQは3月中旬に4枚目のミニアルバム『100%Ver.』の完結版であり、アップグレードバージョンの『BLAQ%Ver.』を発売し、国内外で音楽活動に専念する予定だ。

またMnet「エムカウントダウン」事前録画中に倒れたスンホは、病院で治療を受け、現在休息を取っている。

カン・スンフン記者 tarophine@tvreport.co.kr
2012-03-02 09:18
TVリポート

キム・スヒョン、ZE:Aイム・シワン、MBLAQジュンら「88年辰年生まれが大活躍」

[TVリポート ソ・ミヨン記者] MBC TV水木ドラマ『太陽を抱いた月』のイフォン役を演じ、大人気のキム・スヒョンと「ホヨム(※演じた役名)病」を発生させたZE:Aのイム・シワン。最近デビューアルバムを発表してBIGBANGと激しく争っているJohn Parkをはじめ、BIGBANGのG-DRAGONやSOLなど全盛期を謳歌している彼らの共通点は、1988年生まれという点だ。60年ぶりにやってきた黒龍の年をむかえ、彼らは芸能界で縦横無尽に活動中だ。

特に目立っているのはキム・スヒョン。彼は『太陽を抱いた月』以来、出演料が大幅にアップした。毎年、新年に期待されるライジングスターの一人に数えられていた彼が、今回は本当に大ヒットを放った。これにより広告のオファーはもちろん台本も押し寄せており、キム・スヒョンの次の動きに多くの人が注目している。

『太陽を抱いた月』のホヨム役で人気を集めたイム・シワンもやはり1988年生まれだ。彼は9人グループZE:Aの中では、特に光を放てずにいたが、『太陽を抱いた月』以後、最も注目されるメンバーに成長した。これによりKBS 2TV『赤道の男』にキャスティングされる栄光を手にし、SBS TV『強心臓』や、MBC TV『チュ・ビョンジントークコンサート』、『ラジオスター』等に出演して人気ぶりをアピールしている。

MBLAQのジュンは22日に放送された「ラジオスター」に出演し、キラっと光るバラエティーセンスを見せた。ジュンはこの日、際立つそのセンスで放送界の関係者に自身の存在を知らしめた。『無限に挑戦』のキム・テホPDもやはり自身のツイッターを通じて「ジュン、本当に笑わせる、涙が出ますね。サッカーを見なければならないのにチャンネルを回すことができませんね。今日はジュンショーです」という文を残し、ネットユーザーの関心を集めた。

22日にデビューアルバム音源公開とともに音楽サイトでBIGBANGと1位対決をくり広げているJohn・Parkもまた1988年生まれだ。ケーブルTV Mnet『スーパースターK 2」で準優勝だった彼は、1年の空白期を持ったが、目をみはる成果を見せた。John Parkは一気に2012年最高の新人歌手のひとりと目されるようになった。

1988年生まれの女性スターの活躍も目につく。AFTERSCHOOLのユイとT-ARAのウンジョンもやはり同年齢だ。ユイはKBS 2TV『烏鵲橋(オジャッキョ)の兄弟たち』で演技者としての成功の可能性を示した。クルボクチ(※蜂蜜のふともも)という新造語を作り出し、美女しか出演できないといわれる焼酎の広告に出て注目されたユイは、今年さらなる活発な活動を見せると期待されている。ウンジョンもやはりJTBC『仁粹大妃』で安定した演技の実力を見せたのはもちろん、MBC TV『私たち結婚しました』に出演して株を上げている。

この他にもBIGBANGのG-DRAGONとSOL、KBS 1TV『あなただけ』のハン・ヘリンとイ・ヨニ、ユリア、コ・ウナ、2PMのニックン、テギョン、ジュンス、KARAのギュリ、スンヨンらも1988年生まれの同年齢だ。

写真=TVリポートDB、MUSIC FARM、スター帝国
ソ・ミヨン記者 miyoun@tvreport.co.kr
2012-02-23 13:38
TVリポート

MUSIC BANK Vol.9

MUSIC BANK Vol.9 (2012年3月号)の表紙は、Trouble Maker(BEAST ヒョンスン & 4Minute ヒョナ)!話題のスペシャルグループが表紙&巻頭特集に初登場です。 Golden Disk Awardsも徹底レポート! 1月28日発売です!

◆表紙 & COVER STORY

Trouble Maker
ヒョンスン(BEAST)& ヒョナ(4Minute)

話題のスペシャルグループが表紙&巻頭特集に初登場!

◆Golden Disk Awards

―受賞式で振り返る2011年K-POP界―

SUPER JUNIOR/少女時代/CNBLUE/INFINITE/FTISLAND/BEAST/KARA/超新星 ほか

1月11日と12日に京セラドームで行われたGolden Disk Awardsを徹底レポート!
さらに受賞者別に2011年の活動をプレイバック!

◆MB 年末スペシャル特集 ~年末総決算編~

12月23日に放送されたMUSIC BANKの年末総決算スペシャル番組を紹介!

◆PAPARAZZI & INTERVIEW

MBLAQ

ニューアルバム『100% Ver』でカムバックを果たした彼らのスペシャルインタビュー
さらに控室に潜入!

◆Talk with MB MC

ユイ(AFTER SCHOOL)& イ・ジャンウ

2012年の新しいMC、ユイとイ・ジャンウ 初登場!

◆MB Buzz

Dynamic Duo(ダイナミックデュオ)
M Signal(エムシグナル)

◆Special Interview

F.CUZ

◆Hot Debut

F.I.X

◆Idol’s Style

NS Yoon-G

◆RISING STAR

BoM
A-ble

◆MB Column

YG Entertainment

YG Family Concert in Japanを徹底レポート!

チャン・グンソク & ユナ(少女時代)

ドラマ『ラヴレイン』

◆Pick Up Event

ドラマティックライブ『ATHENA-アテナ-』記者会見&ライブ
2AM スロン初主演作品『アコースティック』プレミア試写会

◆K-CHART

ランキングとともに、MUSIC BANK本番の模様をお届け!

◆Event Report in Japan

John-Hoon
2AM
U-KISS
パク・ジョンミン

ほか(内容は一部変更される場合があります)

MBLAQのジオ&スンホ、ラスベガスで怖い設定のカワイイ写真「爆笑」

[TVリポート イ・ソニュ記者]MBLAQのジオとスンホが面白い設定の写真で笑いを誘った。

ジオは25日、自身のツイッターで「ジェイソンにつかまった。なのに、スンホはうれしそうなんだけど?」とつぶやき、写真を掲載した。

公開された写真の中でジオとスンホは、マスクをつけ刃物を手にしているマネキンの前でポーズを取っている。マネキンに首の後ろを捕まえられたジオのポーズと、これを止めさせようとするスンホのいたずらな表情が笑いを誘う。

写真を見たネットユーザーらは「二人ともかわいい」「いたずらっ子のような姿が25歳だとは思えません」などの反応を示した。

MLBAQは25日と26日にアメリカのラスベガスMGMグランド・ガーデン・アリーナで開かれる『K-POP MASTERS』(ビルボード・コリアのイベント。東方神起、BEAST、MBLAQ、Brown Eyed Girls、G.NA、4Minute、SISTAR、SHINeeが出演)に参加する。

写真=ジオのツイッター
イ・ソニュ記者 feelyou@tvreport.co.kr
2011-11-25 09:52
TVリポート

『不朽の名曲2』でヒョリン、ホンギ、ジオ、ジェボム、ALI、ミンギョン、ホガクが大激突

[TVリポート チョ・シニョン記者]『不朽の名曲2』歴代優勝者がキングオブキングスを決めるプライドをかけた勝負を繰り広げる。

19日に放送されるKBS 2TV『自由宣言土曜日-不朽の名曲2:伝説を歌う』では、SISTARヒョリン、FTISLANDイ・ホンギ、MBLAQジオ、Davichiカン・ミンギョン、ソロ歌手のパク・ジェボム、ALI、ホガクが出演してキングオブキングス戦を繰り広げる。

それぞれ自分が優勝した曲で競演する今回のキングオブキングス戦で、ヒョリンはシム・スボンの『その時その人』を、イ・ホンギはチュ・ヒョンミの『新沙洞(シンサドン)のあの人』を、ジオはキム・スヒの『忘れません』を、カン・ミンギョン故キム・グァンソクの『忘れなければならないという気持ちで』を、パク・ジェボムはナム・ジンの『あなた変わらないで』を、ALIはヘウンの『明け方の雨』を、ホガクはソンゴルメの『世の中の万事』で舞台を飾る。

制作スタッフは「歴代優勝者がより完璧なステージのために編曲に力を加えただけでなく、多様なパフォーマンスも準備して華麗な舞台を作り上げた」としながら「本当に最高のステージだった。期待してほしい」と話した。

この日の放送では7人の歌手を応援するためにシ、ム・スボン、ナム・ジン、キム・スヒ、チュ・ヒョンミ、ペ・チョルス、ヘウンの特別映像が公開される。最高の歌手による火花散る競演は19日午後6時15分に放送される。

写真=KBS
チョ・シニョン記者 soso@tvreport.co.kr
2011-11-18 14:49
TVリポート

KBOOM Vol.77

KBOOM Vol.77(2012年1月号)の表紙は、11月末ごろまでハリウッド映画『G.I.ジョー 2』の撮影中で、12月にイベントのため来日する、イ・ビョンホン。11月21日発売です。

◆表紙&カバーインタビュー:イ・ビョンホン

“ワールドスター”にふさわしい風格を持つ彼が「イ・ビョンホン オン ステージ 2011」を12月に開催!

◆チャン・グンソク

今月も盛りだくさんのレポート&ニュースをお届け!
韓国映画『きみはペット』ショーケース
『きみはペット』ナビゲートDVD
『~同行~Budapest Diary』記者会見
2011 JANG KEUN SUK THE CRI SHOW IN JAPAN
第2回日韓ドリームゲーム
チャン・グンソク専門誌『CRI-J』

◆豪華ラインナップのコンサート フォト&レポート

2011 K-POP SUPER CONCERT / Asia Song Festival

◆キム・ヒョンジュン

スペシャルインタビュー:8つのトピックで直撃!

◆RAIN

入隊前最後のライブ&入隊会見

◆コン・ユ

スペシャルインタビュー:最新主演映画『るつぼ』撮影エピソード

◆ソ・ジソブ

インタビュー:『ただ君だけ』撮影エピソードから結婚観まで

◆チョ・ヒョンジェ

インタビュー:ドラマ『私の期限は49日』、チョ・ヒョンジェ専門雑誌『Jove 59』

◆超新星

ファンミーティング“For You”/ ユナク入隊会見

◆ユ・アイン

インタビュー:韓国で大ヒット『ワンドゥギ』に主演

◆イ・スンギ

最新アルバム『Tonight』発売ショーケース

◆BOYFRIEND

インタビュー:2ndシングル『僕の女に手を出すな』/ 6人が見せる「素顔」

◆SM☆SH

インタビュー:メンバーの関係性から好みのタイプまで / SM☆SH Cafeレポート

◆Event Report

ZE:A / MBLAQ / アレン(キボム)/ ナムグン・ミン / SE7EN

◆Topics

2AM / JJ’s Mstudio / テギョン(2PM)/ ミュージカル『宮』

…and more!

『K-POP MUSIC FEST』オーストラリア公演、2万人が歓呼

[TVリポート チョン・ソンハ記者]オーストラリアのシドニーで大規模韓流コンサート『K-POP MUSIC FEST IN SYDNEY』が開催され、2万人あまりの観客の歓呼に応えた。

この公演はシドニーANZスタジアムで現地時間12日午後7時に始まり、韓流熱風をリードするアイドル歌手が一堂に会してK-POP熱風を南半球に伝えた。

少女時代メンバーのティファニーとユリが司会進行し、東方神起、少女時代、KARA、SHINee、2AM、CNBLUE、BEAST、4Minute、SISTAR、SECRET、MBLAQ、miss Aの全12チームが出演して、人気曲だけでなく華麗なスペシャルステージを3時間以上にわたって披露し、オーストラリアのファンの視線を引きつけた。

4Minuteとmiss Aはオーストラリアが生んだ世界的なポップスター、カイリー・ミノーグの『Can’t get you out of my head』を準備していたし、CNBLUEとBEASTのヨソプ、MBLAQのジオは新しいバンドを結成した。2AMチョ・グォンとチャンミン、4Minuteガユン、SISTARヒョリンは爆発的な歌唱力で魅せるステージを、K-POP熱風の主役である少女時代とSHINeeも特別なダンス・パフォーマンスを披露した。

現地のファンは公演開始の6時間前からANZスタジアムの前に集まって、歌ったり踊ったりして熱い雰囲気を見せた。少女時代ファンのスーザン(17)は「2年前から少女時代が好きでした。こんなふうにシドニーで直接公演を見ることができて夢のようです。今日を忘れることができないでしょう」と高揚した感想を伝えた。

公演前に行われた、現地メディアの記者会見で、2AMチョ・グォンは「シドニー公演は初めてですが、K-POPを全世界に広めるという自負心を持って公演に臨みます」と話し、少女時代ユリは「韓国とオーストラリアの修交50周年を記念する意味深い公演が、2000年にシドニーオリンピックが開かれた場所で行われて、より深い意味があると思います。ティファニーとMCまでさせていただいて、なおさらうれしいですし、この公演をきっかけに韓国とオーストラリアの間でより一層活発な交流があればいいと思います」と述べた。

南半球初の韓流コンサート『K-POP MUSIC FEST IN SYDNEY』は、韓国で12月3日に放送される。

写真=MBC
チョン・ソンハ記者 sunha@tvreport.co.kr
2011-11-14 10:12
TVリポート

【Tフォト】慶州『2011韓流ドリームコンサート』フォトセッション

[TVリポート イ・セロム記者]3日午後、慶尚北道(キョンサンプクト)慶州(キョンジュ)市慶州市民運動場で『2011韓流ドリームコンサート』(主催:韓国訪問の年委員会)が開かれる。

女優パク・シンヘ、2PMテギョン、SHINeeミンホが司会進行する今回の韓流ドリームコンサートには、韓国訪問の年広報大使の少女時代をはじめ、キム・ゴンモ、東方神起、2PM、SHINee、miss A、GD&TOP、SE7EN、Secret、ZE:A、4Minute、BEAST、T-ARA、SISTAR、IU、MBLAQ、A Pink、キルハンミ、ソ・イングク、キム・ボギョンなど全20組が出演して幻想の舞台を披露する。

▼MBLAQ
MBLAQ

▼キルハンミ
キルハンミ

▼東方神起
東方神起

▼T-ARA
T-ARA

▼A Pink
A Pink

▼キム・ボギョン
キム・ボギョン

▼少女時代
少女時代

▼BEAST
BEAST

▼4Minute
4Minute

▼IU
IU(アイユー)

▼2PM
2PM

▼miss A
miss A

▼Secret
Secret

イ・セロム記者
2011-10-03 16:57
TVリポート

(写真は随時追加予定)

「MBLAQの名前は最後まで守る」…6月9日3人でカムバック確定

3人組となったMBLAQのスンホ、G.O、ミルが新しい姿で戻ってくる。

28日、MBLAQの所属事務所は、6月9日(火)8thミニアルバム『MIRROR』の発売の前に、最初のカムバックイメージを公開した。7ヶ月ぶりにガムバックするMBLAQは5人組から3人組に変身、どんな姿を見せるか話題が集まっている。

公式SNSで公開されたカムバックイメージは幻想的で目を引く。MBLAQは揺れるような目ざしで淡々とした表情だ。

5月中旬カムバック予定だったMBLAQは、より完璧な音楽を聞かせるためにカムバックまで延期し、数ヶ月間今回のアルバムの制作に没頭したと関係者は話した。6月発売予定のMBLAQのアルバムは完成度の高いアルバムになることで期待を高めている。

カムバックに先立ちMBLAQは「良い音楽を作るために数カ月間、様々な悩みながら誕生させたアルバムだけあって、自信をもって皆さんに披露することができます。抜けたメンバーの空白が感じられないような、完璧な姿を見せるので期待してほしいです」と明かした。

また、「これからもMBLAQという名前を最後まで守ります。それがファンの皆さんへ最高の恩返しだと思います。今回のアルバムもMBLAQを守ってくれたファンのみなさんを思いながら準備したので、いいアルバムになると思います」とカムバックの感想を話した。

MBLAQは6月9日(火)に音源公開やショーケースをはじめ、本格的に活動を始める。

TVレポート=キム・ガヨン記者
写真=ジェイ・チューン・キャンプ